よくあるご質問

キーワードから探す

  • FAQ検索
  • ID検索

※スペースで区切って複数検索が可能です。

カテゴリで絞り込む

カテゴリから探す

ID:5374
作成日: 2021/11/08
[IRM/FP](重要)ウイルスバスターとの同居環境で発生する問題について
ウイルスバスターコーポレートエディション、Apex Oneを導入している環境の場合、
暗号化製品の競合によって事象が発生している可能性があります。
対処方法実施後に事象が改善するかご確認ください。

■発生事象
・ログイン画面にID・パスワード入力後、Windowsログイン処理が終了しない
・Windowsログオン後に端末がフリーズする
・InterSafe Clientにログイン後、暗号化機能が有効化されない

■対処方法
まずは以下1~3をお試しいただき、解消しない場合には4の対応をお願いいたします。

1.ウイルスバスターの設定変更
 ウイルスバスター側でIntersafeの以下プロセス/フォルダパスを、
 信頼済プロセス、検索除外設定として登録する。

 ●プロセス名
  IRM/FP関連の以下プロセスを、信頼済プロセスに登録
  ・IIBSMain.exe
  ・IIIRMDTCtrl.exe
  ・IIIRMHkCtrl32.exe
  ・IIIRMHkCtrl64.exe
  ・IIFPDtCtrl.exe
  ・IIFPPolicy.exe
  ・IIFPBackupCtrl.exe
  ・IIFPConvert.exe
  ・IIFPCopyCtrl.exe
  ・IIFPDelayEnc.exe
  ・IIFPHdrChg.exe
  ・IIFPMoEnc.exe
  ・IIFPSimpleSecDec.exe
  ※上記プロセスのデフォルトインストールパス
   C:\Program Files\ALSI\InterSafe Client\

  FP自動暗号化フォルダーをご利用の場合、以下プロセスを信頼済みプロセスに登録
  ・FPAutoCrypt.exe
  ※上記プロセスのデフォルトインストールパス
   C:\FPAutoCrypt\

 ●フォルダパス名
  以下のフォルダを、検索除外設定に登録
  ・C:\Program Files\ALSI\InterSafe Client
  ・C:\ProgramData\ALSI

2.InterSafe Clientのサービスを遅延開始に変更
 コントロールパネル > 表示方法を小さいアイコンにする > 管理ツール > サービス
  から以下のサービスを右クリックからプロパティをクリックして、スタートアップの
  種類を「自動(遅延開始)」に変更する。

 ・InterSafe Client Service(サービス名:IIBSMainSvc)
 ・InterSafe FileProtection Service(サービス名:IIFPPolicy)

3.InterSafe Client Serviceサービスに依存関係を追加
 v6.8以前の、FPを有効化しているInterSafe Client端末で
 以下のレジストリを追加し、端末を再起動する。
 ※FP無効化をした場合に本設定を実施するとInterSafe関連のサービスが起動せず
  InterSafeの機能が利用できません。FP無効化とした場合はレジストリを
  削除してください。

 キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\IIBSMainSvc
 名前:DependOnService
 型 :REG_MULTI_SZ
 値 :IIFPPolicy

 再起動後、サービス一覧よりInterSafe Client Serviceのプロパティ
 [依存関係]タブ このサービスが依存するシステムコンポーネント に、
 InterSafe Client Serviceが表示されることを確認。

 

  最新版にアップデートしていただくことでレジストリ設定は不要となります。
  最新版はInterSafe 情報漏洩対策シリーズ ダウンロード情報から
  ダウンロードいただけます。
  必ずログイン後にアクセスをお願いいたします。
  ※登録がお済みでない場合は、こちらより登録ください。

4.InterSafe Client導入PCのレジストリを追加
 ※上記1~3で事象が解消しない場合のみ、お試しください。※

 InterSafe Clientのサービスを、ウイルスバスターのサービスより
 先に起動するよう設定するため、以下のレジストリを追加します。
 また、対処方法2で変更したInterSafe Clinetのサービス スタートアップの
 種類を「自動」にお戻しください。

 キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\IIBSMainSvc
 名前:Group
 型 :REG_SZ
 値 :Cryptography

 キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\IIFPPolicy
 名前:Group
 型 :REG_SZ
 値 :Cryptography

 事象が改善しない場合、以下の情報を取得して弊社まで送付ください。
 ■取得情報
  以下FAQの情報をご取得ください。
  [ILP共通] InterSafe ILPトラブル発生時のログ/環境情報取得ツールについて(Ver4以降)
  1.InterSafe の環境情報とログ取得
対象バージョン
 
対象ビルド
 
一般情報
この内容は参考になりましたか?
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。
Powered by i-ask
Page Top