アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
待受ポートとプロセス数の設定について
No.5305  日付:2019-02-22 14:14:00

回答
InterSafe WebFilterの待受ポートは、クライアントから送信されるリエクストを受け付けるポートです。
クライアント(ブラウザ)の設定とInterSafe WebFilterの設定の組み合わせによって、プロセスの利用の仕方に違いがあります。

【パターン1】                                                                                                             
Internet Explorerのプロキシの設定が以下のように、HTTP、Secure(HTTPS)、FTPがすべて同じポートを利用する設定となっている場合、
InterSafe WebFilter側の設定も、同様にポートを統一するとプロセスを効率的に利用できます。

下記の場合、クライアントから送信されるプロトコルに関係なく、すべてのリクエストをプロセス数の総和である1000プロセスの中で処理します。

●Internet Explorerのプロキシの設定


●InterSafe WebFilterのフィルタリング設定

Ver.8.5(Build 0860)までの製品では、HTTPに設定したプロセスの中で処理が行われます。
 プロセス数の総和では処理されませんのでご注意ください。

【パターン2】                                                                                                             
Internet Explorerのプロキシの設定が以下のように、HTTP、Secure(HTTPS)、FTPが異なるポートを利用する設定となっている場合、
InterSafe WebFilter側の設定も、同じようにポートを分ける必要があります。

下記の場合、クライアントから送信されるプロトコルごとに、HTTPリクエストは450プロセスの中で処理され、HTTPSリクエストも450プロセス、
FTPリクエストは100プロセスの中で処理されます。

●Internet Explorerのプロキシの設定


●InterSafe WebFilterのフィルタリング設定


【パターン3】                                                                                                             
Internet Explorerのプロキシの設定が以下のように、HTTP、Secure(HTTPS)、FTPがすべて同じポートを利用する設定となっているにも関わらず、
InterSafe WebFilter側の設定ではポートを分けている場合、クライアントからのリクエストを8080ポート(HTTP)に設定している450プロセスの中だけで
処理することになり、HTTPSやFTPで待ち受けているプロセスは利用されません。
【パターン1】の設定に変更することを推奨します。

●Internet Explorerのプロキシの設定


●InterSafe WebFilterのフィルタリング設定


対象製品 InterSafe WebFilter
対象バージョン 8.5 , 9.0 対象ビルド  
添付URL プロセス数を決める時の目安について
タイムアウトエラーや、Webアクセスの遅延が頻繁に発生する。
一般情報
アンケートにご協力ください