アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
Syslog転送設定について
No.5271  日付:2018-12-21 16:54:00

回答 「Syslog転送設定」を有効にするとISWFのアクセスログ(http.log)を、Syslogサーバに転送
することが可能になります。
初回のSyslog転送時は、ローテート済のアクセスログも含めて転送が行われます。

設定項目
Syslog転送
有効にチェックを入れるとSyslog転送が有効になります。
SyslogサーバIPアドレス/ホスト名 ポート
[Syslogサーバ]にIPアドレスまたはホスト名、ポート番号を指定します。
通信プロトコル転送時のプロトコルをTLS、TCP、UDPのいずれかから指定します。
フォーマットログのフォーマットは「IETF」、「BSD」の2種類から選択します。
機能区分[機能区分]には、Syslogのファシリティを指定します。
重大度[重大度]には、Syslogのプライオリティを指定します。

※Build1201では、保存後に管理サービスの再起動を行わないとSyslog転送が有効になりません。
   上記は、Build1202にて修正されています。
   最新のプログラムについてはこちらを参照ください。

対象製品 InterSafe WebFilter
対象バージョン 9.0SP1 対象ビルド 1201以降
一般情報
アンケートにご協力ください