アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
各種無効化機能の違い
No.5204  日付:2018-09-14 13:23:00
質問 例外URL、フィルタリング無効URL、フィルタリング無効アプリケーション、HTTPSデコード除外ホスト、フィルタリング無効グループはそれぞれどのような場合に使用するのでしょうか。

回答 InterSafe CATSには各種無効化機能が用意されています。
それぞれの利用シーンや動作の違いについて説明します。

 ・例外URL (許可カテゴリ > 許可カテゴリ)
    「規制」カテゴリに該当するURLのうち、特定のURLを許可したい場合に使用します。
    (例) 「Webメール」カテゴリを規制しているが、Gmailは許可したい。

 ・フィルタリング無効URL
    ・カテゴリ別フィルタリングで許可をしているにもかかわらずブラウザのエラー表示などにより
     正常にWebアクセスが行なえない場合に使用します。
    ・アクセスログ分析が不要なURL(例えばイントラサイト)がある場合に使用します。
    ・リクエストが多数発生しパフォーマンスに影響のある場合に使用します。

 ・フィルタリング無効アプリケーション
    CATSをインストールすると特定のアプリケーションが動作しなくなる場合に使用します。

 ・デコード除外ホスト
    HTTPSデコード設定を有効にすると正常にWebアクセスが行えなかったり
    特定のアプリケーションが動作しない場合に使用します。
    ※HTTPSデコード設定が有効の場合にのみ動作する設定です。

 ・フィルタリング無効グループ
    トラブルが解決するまでの間、一時的にCATSを無効状態にしたい場合などに使用します。※1

比較表

例外URL
(許可カテゴリ)
フィルタリング無効URL フィルタリング無効アプリケーション デコード除外ホスト フィルタリング無効グループ
主な利用シーン ルール通りに動作しているが、例外を作りたい場合 ルール通りに動作しない場合
CATSをインストールすると正常に動作しない場合
一時的にCATSを無効にしたい場合※1
CATSの規制画面が表示される。 ・パフォーマンスに影響ある場合。
・特定のURLをアクセスログに出力したくない。
・アプリが起動しない。
・アプリを操作できない。
・同期やアップデートなどのバックグラウンド機能が動作しない。
HTTPSサイトでブラウザのエラーや証明書の警告が表示される。 解決方法を調査中だが、その間業務に支障が出る。
効果 登録したURLが強制的に「許可」と判定されます。 登録したURLに対してフィルタリングを行わなくなります。 登録したアプリケーションのすべての通信がCATSの制御から除外されます。 登録したホストがデコード対象外になります。※2 CATSのフィルタリング機能を停止します。
適用範囲 グループ単位 全グループ共通 全グループ共通 全グループ共通※3 グループ単位
適用条件 常時 常時 常時 HTTPSデコード有効時 常時
登録数上限 500 500 100 1000
※IPレンジ登録は50
全グループに適用可
ログ・レポート出力 × × △※4 ×
ワイルドカード対応 × ×※5 ×
判定方法 ドメイン部分:後方一致
パス部分:前方一致
ドメイン部分:後方一致
パス部分:前方一致
完全一致
完全一致※6 無効グループに所属する端末すべて
対応OS Windows  iOS  Android Windows  iOS  Android Windows  Windows  Windows 
備考 build0600以降が対象

※1:特定の端末で5分以内の一時停止を行う場合はサポートツールの「強制停止」を使用してください。
※2:Ver4.6 build0550以降はドメインフィルタリングになります。
   Ver4.5以前はフィルタリングが無効になります。
※3:HTTPSデコードを有効にしているグループが対象になります。
※4:ドメイン単位でログ・レポートが出力されます。
   (Ver4.5以前の場合はフィルタリングが無効化され、ログ・レポートに出力されません)
※5:複数の実行ファイルを同時に登録するには「ファイルパス」を選択します。
※6:ワイルドカードに対応

対象製品 InterSafe CATS
対象バージョン 4.5以上 対象ビルド  
一般情報
アンケートにご協力ください