アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
【Ver8.5SP1 Build0881以降】HTTPSサイトがブラウザの警告・エラーにより閲覧できない
No.5024  日付:2017-03-27 17:57:00
質問 HTTPSサイトにアクセスするとブラウザのエラーや証明書に関する警告のメッセージが表示されます。閲覧するにはどのような対処が必要でしょうか。

回答 HTTPSデコード機能が有効な環境でHTTPSサイトにアクセスした際に、
ブラウザに以下のようなエラーが表示され、閲覧を続行できないケースがあります。

【ブラウザの表示例】※Chrome


<想定される原因と回避策>
原因 その(1)
・InterSafe WebFilterのサーバ証明書がブラウザにインストールされていない
 HTTPSデコード(解析機能)を使用している場合、InterSafe WebFilterの
 サーバ証明書がブラウザにインストールされていないと証明書に関する警告や
 エラーが発生し閲覧が続行できないことがあります。

(1)の回避策
・サーバ証明書をブラウザにインポートする
 InterSafe WebFilterのサーバ証明書をブラウザにインストールすることで、
 証明書の警告やエラーを回避できる可能性があります。
 Internet Explorer、Opera、Firefox の各ブラウザの証明書のインポート手順は、
 管理者マニュアルの巻末にあります付録 [証明書のインストール]をご参照
 ください。
 ※Chromeでは、Internet Explorer の証明書を参照します。
  Chromeをご利用の場合は、Internet Explorer に証明書をインポートしてください。

原因 その(2)
・InterSafe WebFilterのサーバ証明書の署名アルゴリズムにSHA-1が使用されている
 Ver8.5SP1 Build0881までは、HTTPSデコード時に使用するサーバ証明書の
 署名アルゴリズムにSHA-1が採用されています。ブラウザの仕様によっては
 SHA-1を使用しているサイトにアクセスすると証明書の警告やエラーが表示
 されます。
 警告やエラーが表示された後の挙動は、ブラウザによって閲覧が続行できる
 ケースと続行できないケースに分かれます。

(2)の回避策
・InterSafe WebFilterのサーバ証明書の署名アルゴリズムをSHA-2に変更する
 サーバ証明書の署名アルゴリズムを、SHA-1より暗号強度の高いSHA-2に
 変更することで、証明書の警告やエラーを回避できる可能性があります。
 認証局証明書の変更については、以下FAQをご参照ください。 
 No.4964「ブラウザのアドレスバーに警告が表示されます
対象製品 InterSafe WebFilter
対象バージョン Ver8.5SP1以降 対象ビルド Build0881以降
一般情報
アンケートにご協力ください