アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
よく検索されるキーワード
カテゴリ検索
FAQ
  
タイトル
[IRM] 共有フォルダにアクセスするとrdbss.sysでBSoD(ブルースクリーン)が発生する
No.5003  日付:2017-02-18 23:58:00

回答 1. 事象
    共有フォルダにアクセスするとrdbss.sysでBSoD(ブルースクリーン)が発生する
    ※ rdbss.sysはOSのドライバでネットワーク越しのファイル共有関連のドライバです。

2. 原因
    WindowsExplorerがネットワークフォルダーをオープンすると、鍵マークを表示
    するため、Intersafe IRMの一部プログラム(IIIRMDtCtrl.exe)がファイルへアクセス
    します。このとき、アンチウイルスがウイルスチェックを行う場合があります。
    この時、rdbss.sys がNon PagedPool メモリを参照してBSoDが発生する場合があります。
    なお、IIIRMDtCtrl.exeなどIRMプログラムはすべてデジタル署名済のため、通常ウイルス
    チェック対象外プロセスです。


3. 対処方法
    アンチウイルスの「信頼済みプロセス」にIIIRMDtCtrl.exeを登録してください

対象製品 InterSafe IRM
対象バージョン   対象ビルド  
一般情報
アンケートにご協力ください