アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
[ILP共通]「サーバーに接続できません」というエラーが表示される
No.4955  日付:2017-09-08 10:00:00

回答 ISFLなどでファイル書出し申請を行った際に「サーバーに接続できません」というエラーが
表示されOK」ボタンを押下すると、出力したZIPファイルが消えてしまうなど、サーバが応答
しない場合は発生時間帯のServer側のログに何らかのエラーが記録されていないかご確認くだ
さい。

※以下はメールサーバが異常だった時にInterSafeに記録されたログです
※導入バージョン、導入先によりフォルダパスが異なる場合があります。

■ ログの確認
・Apacheログ
  C:\Program Files (x86)\Apache Software Foundation\Apache2.2\logs
    \error-yyyy-mm-dd.log
     例:[error] (OS 10060)接続済みの呼び出し先が一定の時間を...
       [error] (70007)The timeout specified has expired
    \access_yyyy-mm-dd.log
     例:POST /ISWorkflow/faces/wfView.jsf HTTP/1.1" 500 541 300

・Tomcatログ
  C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 8.0\logs\workflow
    \is-workflow-error.log
     例:[ajp-bio-8009-exec-1018] ERROR (LeoWorkflow:?:?)(null) - failed to mail send.

  C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 8.0\logs\server
    \is-server-error.log
     例:[ajp-bio-8009-exec-906] FATAL (ISServer:?:?)(null) - メールエラー  

・PostgreSQLログ
  C:\Program Files\PostgreSQL\9.2\data\pg_log
  \postgresql-yyyy-mm-dd_hhmmss.log
     例 yyyy/mm/dd hh:mm:ss autovacuum: VACUUM pg_catalog.pg_largeobject

  Apacheログで(OS 10060)のログが記録されている場合、最初に記録された日時を中心に
  他のLogを確認してください。

■ 考えられる原因

1.パラメータ設定不備による問題(対象Ver:v4.40.00、v4.40.01)
  InterSafe v4.40をご利用の場合、製品内パラメータ不具合により本事象が
  発生する場合があります。以下の手順により正しいパラメータを設定してください。

  1-1.ILP Serverの以下ファイルをワードパッドなどで開き、
     「maxActive」を「maxTotal」へ変更し保存します。
     (下記ドライブ、パス名は変更されている場合があります)

      C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 8.0\conf\Catalina\localhost
        \ISManager.xml
        \ISServer.xml   ※このファイルには変更箇所が2つあります
        \ISUpdateServer.xml
        \ISWorkflow.xml

      C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 8.0\webapps
        \ISManager\META-INF\context.xml
        \ISServer\META-INF\context.xml   ※このファイルには変更箇所が2つあります
        \ISUpdateServer\META-INF\context.xml
        \ISWorkflow\META-INF\context.xml

  1-2.[管理ツール]-[サービス]より「Apache2.2」を停止->
      「Apache Tomcat 8.0 Tomcat8」を再起動->「Apache2.2」を起動します。
        (30秒程度かかります)

2. 同居しているアンチウイルス製品による問題
   F-Secureなどサーバに同居しているアンチウイルスによりサービス起動に問題が発生する
   場合があります。この場合、以下の対応を行い、改善しないかご確認ください。
 
  ・アンチウイルスから以下フォルダ除外
     C:\Program Files (x86)\Apache Software Foundation\Apache2.2
     C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 8.0
     C:\Program Files\PostgreSQL\9.2
     ※ ドライブ/パスは環境/Verにより変わります。

  ・サービスの遅延起動に変更
     [Apache2.2]
     [Apache Tomcat 8.0 Tomcat8]
     [postgresql-x64-9.2 - PostgreSQL Server 9.2]

3.PostgreSQL DB肥大化によるPostgreSQL負荷の増大
  ワークフローをご利用の場合、DBの肥大化により自動で行われているautovacuum
  処理が終わらず、高負荷になることで、ユーザリクエストに応えられない状態に
  なっていると考えられます。
  この場合は、pg_largeobjectテーブル情報(スクリーンショット)をお送りください。
  情報はILPサーバが導入されているマシンンのPostgreSQlのPgAdminⅢ(GUI画面)
  よりご確認いただけます。
 
  統計情報のテーブルサイズに対し、デットタプル(再利用されない領域)
  の値が大きい場合、PostgreSQLがautovacuumにより再利用可能な領域に
  再編を試みますが、日中処理が込み合う時間帯で実行されると今回の
  ような事象になってしまうことが報告されています。

  この場合は、ひとまず以下の手順でautovacuumをOFFにします。
  PgAdminⅢ [データベース]-[ISDB]を選択しメニューバーの[ツール]
  -[サーバ構成]にてpostgresql.confを選択しautovacuumをoffにします。
  設定変更後、現在値がoffになっていることを確認します。
 

  Ver5.00以降はアーカイブデータをDBとは別にフォルダ保存するため
  上記問題は発生しません。Ver5.00へアップグレードしていただき、
  DBのバックアップリストアによりDBを再編してください。
  バックアップリストアについてはFAQ:3685をご参照ください。

  ※大容量データのバックアップ/リストア目安時間
   DBサイズ:1,000GB の場合 バックアップ:約24時間/リストア:約15時間

<暫定的なトラブル回避方法>

上記3項のようにPostgreSQLからの応答が無くなることで本エラーが頻発する際は
事象(Apacheログで「OS 10060」)発生時に以下のようなスクリプトを発行する
ことで回避可能ですので、暫定対処としてご利用ください。
--------------------------------------------------------------------
@echo on
set APPDATA=C:\Users\Administrator\AppData\Roaming\
set USERPROFILE=C:\Users\Administrator
set PG_BIN=d:\Program Files\PostgreSQL\9.2\bin
set PATH=%PATH%;%PG_BIN%
psql -U postgres -w -d ISDB -h localhost -q -t -f C:\tools\sparge.sql
---------------------------------------------------------------------
C:\tools\sparge.sqlの内容
---------------------------------------------------------------------
SELECT pg_terminate_backend(pid)
FROM pg_stat_activity
where datname = 'ISDB'
and usename in ('ismanager', 'isserver', 'isworkflow')
and pid <> pg_backend_pid();
---------------------------------------------------------------------

※ Apacheログを検知してスクリプトを実行させるにはBOM for Windows等の
    サーバー監視ツールをご利用ください。


■上記に当てはまらない場合は、以下のログを圧縮してお送りください。
 C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 8.0\logs
 C:\Program Files (x86)\Apache Software Foundation\Apache2.2\logs
 C:\Program Files\PostgreSQL\9.2\data\pg_log
  ※ ドライブ/パスは環境/Verにより変わります。
  ※ 明らかに関係の無い過去日付のログは除いてください。
対象製品 InterSafe DeviceControl, InterSafe IRM, InterSafe SecureDevice
対象バージョン   対象ビルド  
一般情報
アンケートにご協力ください