アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
-
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 └
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
[ILP共通] 各種サーバーの最大接続数とチューニングについて
No.4882  日付:2018-09-07 12:00:00

回答 ILPServerを構成するミドルウエア、アプリケーションの最大同時接続数は以下のように設定されています。
クライアント数が数万端末になる場合などはアクセス頻度に応じ、カスタマイズを行ってください。

・各値はシステム的に同時処理可能な値です。実際にはいろいろな処理が同時に稼働している
  ため、あくまでも目安として参照いただき、環境に応じ適宜変更してください
・Apache及びTomcatにおいてリクエストはキューイングされるため、タイムアウトまでの時間を
  考慮すると実質的な最大接続数は上記の2~3倍以上となります。
カスタマイズされた値はアップデートの際など引継がれませんのでアップグレード後に再度設定
  するようお願いいたします。
・デフォルトパス中のX.Xはバージョンを表します。

■Apache
  ※デフォルトパス:
  C:\Program Files (x86)\Apache Software Foundation\ApacheX.X\conf\httpd.conf
  C:\Program Files\Apache Software Foundation\ApacheX.X\conf\httpd.conf
  MaxKeepAliveRequests 80 #一度に処理できる数の最大値
  KeepAliveTimeout 120 #KeepAlive有効時に接続要求を受け付ける数の最大許容値
  ※ Apacheについては、Clientから処理を受付け、Tomcatへ渡すだけですので
     基本的にデフォルトのまま利用していただければ問題ありません

■Tomcat
  ※デフォルトパス:
  C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat X.X\conf

ISServer
  \Catalina\localhost\ISServer.xml
     name=jdbc/leoserver
           maxTotal=80
    # 主にInterSafeClientログインやデータの送受信全般に利用します80~150
     name=jdbc/leoserver2
           maxTotal=20
    # 主に更新プログラムのダウンロード時に利用します20~40

ISManager # 主にブラウザから管理画面InterSafeManagerの操作時に利用します10~30
  \Catalina\localhost\\ISManager.xml maxTotal=10

ISWorkFLow # 主にブラウザからのInterSafeWorkFlowでの申請/承認等に利用します10~50
  \Catalina\localhost\ISWorkflow.xml maxTotal=30

Update Server  # クライアントアップデート時の最大同時接続数 200~300
  \server.xml port="8009" maxThreads 200 ※デフォルトでは記載ありません規定値:200

■PostgreSQL
  ※デフォルトパス:
  C:\Program Files\PostgreSQL\X.X\data\postgresql.conf
   max_connections 100       # 同時接続受付数 100~250
   shared_buffers  32MB      # 共有メモリキャッシュ。サーバの搭載メモリの25%程度が目安 32MB~4GB
   work_mem 1MB              # 各プロセスが使用するソート用のメモリバッファ 1MB~20MB
   maintenance_work_mem 16MB # VACUUMなど使用されるメモリの最大容量 16MB~1GB
   wal_buffers 32kB               # 冗長化する際に使うWALバッファサイズ 32kB~16MB
   wal_keep_segments 32        # 冗長化する際に使うWALセグメント数の最小値 8~32
   max_worker_processes  8      #CPUのコア数に合わせます
   max_parallel_workers_per_gather 2      #CPUのコア数の半分にします
   max_parallel_workers 8       #CPUのコア数に合わせます
対象製品 InterSafe DeviceControl, InterSafe SecureDevice, InterSafe IRM/FP
対象バージョン   対象ビルド  
一般情報
アンケートにご協力ください