アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
ICAPクライアントにて、HTTPSデコードを行う際、WebFilterにて設定が必要でしょうか。
No.4595  日付:2014-10-20 14:29:00

回答
はい、必要になります。
デフォルトでは、管理画面からHTTPSのサブディレクトリ登録と、
HTTPSの許可カテゴリ > 閲覧のみ許可の設定ができません。

ICAPクライアントにて、HTTPSデコードを行う際は、ICAP版のWeb
Filterに以下の設定が必要です。
※v8.5SP1 Build0873から対応しております
 尚、Build0873は特定顧客向けモジュールとなります。
 モジュールについては、以下のURLからダウンロードを行って下さい。


■設定ファイル変更手順

1.<インストールディレクトリ>/conf/proxy.infをviにて編集します。

[CONTROL_CFG]セクションに、「ICAP_CLIENT_HTTPS_DECODE=TRUE」を
追加します。

<設定変更後>
[CONTROL_CFG]
PORT=1344
SERVER_TIMEOUT=300000
SERVER_PROCESS=150
BLOCK_FILE_PORT=21128
BLOCK_FILE_PROCESS=50
ICAP_BLOCK_FILE_SERVER=
IPV6_INNER_IP=::1
ICAP_CLIENT_TYPE=DEFAULT
ICAP_CLIENT_HTTPS_DECODE=TRUE  <--追記します

2.サービス再起動を行います。
・停止
<InterSafe導入ディレクトリ>/bin/amsmain stop

・起動
<InterSafe導入ディレクトリ>/bin/amsmain start

※ICAPクライアント(BlueCoatやSquid)のHTTPSデコード設定については
 弊社ではご案内しておりません。

以上
対象製品 InterSafe WebFilter
対象バージョン v8.5SP1以降 対象ビルド 0873
一般情報
アンケートにご協力ください