アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
CATSv4のPCとスマートデバイスの機能差異について教えて下さい。
No.4470  日付:2016-10-14 15:40:00

回答
PCとスマートデバイスの機能差異は以下の通りです。

使用できるフィルタリング機能について
■[システム管理] 画面  [フィルタリングルール共通設定]

設定項目 OS種別
PC Android iOS
書き込み規制設定   -※1
フィルタリング無効URL設定
プライベートIPアドレス設定 ※2
フィルタリング無効アプリケーション設定 ※2
HTTPSフィルタリング設定 ※2
Google Apps機能設定

※1 Androidの場合、書き込み規制サイズの設定には対応しておりません。
※2 WindowsVista以前の端末は機能制限/利用不可があります。

■ [ フィルタリング設定] 画面 [ グループ設定] / [ スマートデバイス設定] 

設定項目 OS種別
PC Android iOS
カテゴリ別ルール設定
適用ルール設定
例外URL設定
クライアント規制設定 アプリケーション規制
ブラウザ規制
規制オプション設定 IPアドレスリクエスト拒否規制
書き込み規制   △※3
フィルタリング対象
ポート番号規制
HTTPSフィルタリング
ネットワーク設定(フィルタリングキャンセラ)
スマートデバイス設定

※3 Androidの場合、JavaScriptによるPOSTリクエストは対象外です。

以下はAndroid/iOS限定の機能となります。

■ ブックマーク配信機能
設定したブックマークをブラウザアプリに配信できます。所属グループ用の設定に加えて、上位グ
ループ用の設定を参照した内容を配信できるため、上位グループに共通するブックマークを設定して
おき、独自のブックマークをグループごとに設定して配信するなどの利用方法があります。

■ ブラウザアプリのセキュリティ機能
Lookup サーバと連携したフィルタリングサービスに加え、ブラウザアプリでは次のようなセキュリ
ティ機能を利用できます。
 ・Web ページの閲覧履歴の保存機能
  ブラウザアプリ上で閲覧したWeb ページの履歴を保存します。ブラウザアプリの設定メニュー
  から、ユーザ自身で有効・無効を設定できます。管理画面では、グループ単位で有効・無効を設定
  できます。
 ・Web ページ閲覧履歴、ダウンロード履歴、Cookie の自動削除機能
  次のタイミングでWeb ページの閲覧履歴、ダウンロード履歴およびCookie を自動的に削除でき
  ます。ブラウザアプリの設定メニューから、ユーザ自身で有効・無効を設定できます。管理画面で
  は、グループ単位で有効・無効を設定できます。
 ・ブラウザアプリから別のアプリに切り替えたとき
 ・ブラウザアプリを終了したとき
 ・一定時間ブラウザアプリ上で、ユーザが何も操作しなかったとき
 ・テキストのコピー 防止機能 /フォームデータ(パスワード含む)保存機能 /選択テキストの辞書登録防止機能 / 画像保存防止機能 /画像のコピー防止機能 /AirPrint対応 /ページ内検索(V4.6~)

■他ブラウザ利用制限機能(Android のみ)
Android 端末では、ブラウザアプリ以外(標準ブラウザを含む)のブラウザの使用を制限できます。

■クライアント証明書が必要なサイトへのアクセス
Android/iOSではクライアント証明書が必須のサイトを閲覧することが可能です。
この際、クライアント証明書をSafeブラウザに登録する必要があります。

クライアント証明書の登録方法は2種類あります。
 ・Safeブラウザ上より証明書のURLを登録する。
 ・管理画面上より証明書のURLを登録する。

証明書はSafeブラウザでアクセス可能なWebサイト(社内サイトなど)に公開し、
そのサイトより証明書をダウンロードすることで、Safeブラウザへ登録することが可能です。

手順例
1.Webサイトにクライアント証明書をアップロードする。
※認証ログインが不要のサイトをご利用ください。
2.クライアント証明書をダウンロードする際のURLを取得する。
3.URL情報をSafeブラウザもしくは管理画面上に登録する。

対象製品 InterSafe CATS
対象バージョン   対象ビルド 4.2,4.3,4.4,4.5,4.6
一般情報
アンケートにご協力ください