アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
-
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 └
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
セーフサーチロックについて
No.4381  日付:2015-12-24 16:30:00
質問 セーフサーチロックについて教えて下さい。

回答 セーフサーチとは、検索サイト各社が提供している、検索結果から成人
向けの内容を除外するサービスです。
常にセーフサーチを有効にする機能を、セーフサーチロックといいます。

セーフサーチロックは初期設定では無効になっています。セーフサーチ
ロックを有効にするには、以下の手順を行ってください。

■InterSafe WebFilter Ver8.5 SP1 以降をご利用の場合 
 管理画面にて設定可能です。
 [サーバ管理]-[一般設定]画面にて''セーフサーチロック''   □有効 に
 チェックを入れていただき保存をお願い致します。
 管理画面上での設定の場合、サービスの再起動は不要です。

■InterSafe WebFilter Ver8.5 SP1 以前の場合
 設定ファイルを編集します。設定ファイルの初期値は以下の通りです。
 Windows OS →   C:\InterSafe\conf\proxy.inf
 Linux OS      →   /usr/local/intersafe/conf/proxy.inf
 Solaris OS    →   /opt/intersafe/conf/proxy.inf

 [ACCESS_CTRL]セクション の
 SAFE_SEARCH_APPLY_ON=FALSE
 ↓
 SAFE_SEARCH_APPLY_ON=TRUE
 
 に変更します。
 変更後はフィルタリングサービスを再起動を行ってください。

■InterSafe CATS をご利用の場合
 管理画面にて設定可能です。
 [フィルタリング設定] - [グループ設定] - [規制オプション設定]
 ”セーフサーチ機能”   □有効  にチェックを入れます。
 ※設定方法について詳しくはマニュアルをご参照ください。

■InterSafe Personal v2.5 をご利用の場合
  (Windows 8、8.1および10のみ)
 設定画面より
 [使い方の設定]-[利用者ごとに設定]
 [セーフサーチ機能を有効にする]にチェックを入れます。
 ※設定方法について詳しくはマニュアルをご参照ください。


●セーフサーチロックは Google、Yahoo! JAPAN、Bing、YouTube(※)
 に対応しています。

 ※Youtubeのセーフサーチロック(制限付きモードの有効化)は、
  InterSafe WebFilter Ver.9.0 SP1以降、InterSafe CATSのみ対応
  しています。

●セーフサーチロックの対象となるサイトは、サイト側の仕様変更など
 により不定期で変更となる場合があります。

検索サイトによっては、「https://」で始まるURL でサービスを提供
 しています。そのようなサイトではHTTPSデコード設定(※)が無効に
 なっていると、セーフサーチロックが正常に動作しません。HTTPS
 イトでセーフサーチロックを有効する場合は、HTTPSデコード設定
 を有効にしてください。

 ※InterSafe WebFilter Proxy版、InterSafe CATSのみ提供している機
  能です。
  InterSafe WebFilter Proxy版でHTTPSデコードを行うには、HTTPS
  解析機能ご利用のお申し込みが必要です。添付URLよりお申し込みを
  お願いいたします。
  InterSafe WebFilter ICAP版では、ICAPクライアント側でHTTPSデ
  コードが必要です。

対象製品 InterSafe WebFilter, InterSafe Personal, InterSafe CATS
対象バージョン All 対象ビルド  
添付URL HTTPS解析機能を使いたい
一般情報
アンケートにご協力ください