アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
LDAP連携時、アカウントを削除したい
No.4324  日付:2013-07-30 09:00:00
質問 ユーザ認証でLDAP連携を使用していると、[グループ/ユーザ管理]画面にアカウントを削除するボタンが表示されません。
削除する方法を教えてください。

回答 ユーザ認証でLDAP連携が有効な場合、[グループ/ユーザ管理]画面にて
アカウントの登録、削除はできないよう制限されております。
(CSVファイルを利用した一括処理やコマンドでの登録、削除もできません。)

[グループ/ユーザ管理]画面でアカウントの削除を行いたい場合、
一旦、ユーザ認証を無効にしていただくことで、[グループ/ユーザ管理]
画面に削除ボタンが表示されるようになります。

<ユーザ認証を無効にする設定箇所>

 1.管理画面[サーバ管理]-[認証設定]を選択します。
  (Ver.7.0製品は、管理画面[システム管理]-[認証設定])
 2.「ユーザ認証」にある   □有効 のチェックを外し、設定を保存します。

 ※アカウントの削除後は、ユーザ認証を有効に戻してください。
 ※ユーザ認証を無効にしますと、すべてのユーザがルートグループ
  としてフィルタリングされますのでご注意ください。

その他の方法といたしまして、[グループ/ユーザ管理]-[ユーザ一括処理]
(Ver.7.0以前は[一括登録/削除])画面にてCSVファイルを利用したアカウント
の一括削除が可能です。
この機能もLDAP連携時には、アカウントの一括登録/削除はできませんが、
設定ファイル(proxy.inf)にキーを追記することでアカウントの一括登録
/削除が可能となります。

<アカウント一括処理を可能にする設定箇所>

 設定ファイルに以下のキーを追記します。

 ・設定ファイル保存先
  <インストールディレクトリ>/conf/proxy.inf

 ・該当項目
  [MANAGEMENT_CFG]セクション
  PRSUSERADD=TRUE

  ※隠しキーですので青字部分を追記してください。
  ※サービス再起動の必要はありません。(設定ファイル変更後すぐに反映されます。)

対象製品 InterSafe WebFilter
対象バージョン All 対象ビルド  
一般情報
アンケートにご協力ください