アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
例外URLの登録方法(Ver8.0以降)
No.4147  日付:2018-05-08 11:20:00

回答 InterSafe WebFilter Ver8.0以降で例外URLを登録する手順です。
下記画面はVer8.0の場合ですが、Ver8.5以降の製品も登録手順は同様です。

1. InterSafe WebFilter の管理画面にログインします。
2. [個別アクセス管理] - 「例外URL設定」 へ進みます。
V8例外URL設定1

3.例外URLを登録するグループ名をクリックし、所有ルール一覧から登録するルール名をクリックします。
(下記では、デフォルトで用意されている所有ルール”グループ専用(削除不可)”に登録します。)
V8例外URL設定3

4.[ルール詳細]画面にて、[例外URL設定]タブを選択し、[例外URLを追加]をクリックします。
例外URL登録画面

5.[例外URL登録]画面にて、例外URLを登録します。

 (閲覧を許可する場合の登録例)
 登録形式:通常URL
 URL:[http://] [support.alsi.co.jp]
 カテゴリ:許可カテゴリ>許可カテゴリ
 有効期間:期間を設定しない

 カテゴリの項目では、登録先のカテゴリとサブカテゴリを選択します。
 特定のURLを許可したい場合の設定 → 許可カテゴリ>許可カテゴリ
 特定のURLを閲覧のみ許可したい場合の設定 → 許可カテゴリ>閲覧のみ許可
 特定のURLを規制したい場合の設定 → ユーザ設定>ユーザ設定1~10のいずれか
                    または
                    規制カテゴリ>規制カテゴリ優先(Ver.9.0以降の製品)
 ※登録先をユーザ設定にした場合、グループに適用しているカテゴリルールのユーザ設定が規制になっていることをご確認ください。

登録後は画面右上の[保存]ボタンをクリックします。(保存後、即時反映します。)



■例外URLの判定について
例外URLは以下のように判定されます。
・URLの判定はドメイン部分、ポート部分、ディレクトリ部分で分かれています。
・ドメイン部分は後方一致、ポート部分は完全一致、ディレクトリ部分は前方一致で判定を行います。
・ポート部の記載が無い場合、プロトコル毎に既定のポート番号を自動的に付加します。規定のポート番号は、httpは80、httpsは443になります。

プロトコルドメイン部分ポート
部分
ディレクトリ部分
http://www.ad.netstar.jp:8080/abcde/index.html
対象製品 InterSafe WebFilter
対象バージョン 8.0 , 8.5 , 9.0 対象ビルド  
添付URL 登録時の制限事項(上限値)について(Ver8.x)
一般情報
アンケートにご協力ください