よくあるご質問

キーワードから探す

  • FAQ検索
  • ID検索

※スペースで区切って複数検索が可能です。

カテゴリで絞り込む

カテゴリから探す

ID:4055
作成日: 2012/05/20
DSServer導入に伴う SQL CAL の必要性について

SQL Server には、「プロセッサ ライセンス」と「サーバー/CAL (クライアント アクセス ライセンス)」の
2 つのライセンス モデルがあります。

■プロセッサ ライセンス
 稼働させる物理プロセッサ毎にライセンスを購入するライセンスモデルです。
 SQL Serverへアクセスするユーザー数、デバイス数に制限はありません。

■サーバー/CAL (クライアント アクセス ライセンス)
 サーバー数分のサーバー ライセンスとアクセスするユーザーまたはデバイスの数だけ
 CAL を購入するライセンスモデルです。
 ※DocumentSecurityの場合、Client数分のCALが必要です。

参考サイト:マイクロソフト社
SQL Server ライセンス早わかりガイド
http://www.microsoft.com/ja-jp/sqlserver/2008/howtobuy/system.aspx

※無償版のSQLServer ExpressEditionは除きます。

対象バージョン
 
対象ビルド
 
一般情報
この内容は参考になりましたか?
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。
Powered by i-ask
Page Top