よくあるご質問

キーワードから探す

  • FAQ検索
  • ID検索

※スペースで区切って複数検索が可能です。

カテゴリで絞り込む

カテゴリから探す

ID:4031
作成日: 2015/09/30
管理画面から誤ってアカウントを削除してしまいました
CATS導入済みクライアントPCのアカウントを管理画面から削除した場合、
フィルタリングが無効となり、すべてのWebアクセスが許可されます。
※アカウント削除の機能は、CATSをアンインストールせずにPCを破棄した場合など、
   CATSを今後使用しないアカウントがやむを得ず管理画面上に残ってしまった際に使用します。

このとき、クライアントPC上では、タスクトレイのCATSアイコンがフィルタリング無効状態を
示し、ダブルクリックすると「状態3」と表示されます。

<タスクトレイアイコンの状態>



<アイコンをダブルクリックした画面>




以下の条件に当てはまる場合は、誤って削除してしまったアカウントを復活させることができます。

・管理画面よりアカウントを削除した
・クライアントからはCATSがアンインストールされていない
・自動停止設定によって停止された

アカウントの復活方法は以下の手順です。

(1)管理画面の[グループ/ユーザ管理] - [アカウント検索]タブをクリックします。
 画面左手に表示される窓の[登録状態]から、[削除済アカウント]のラジオボタンを有効にし、
 任意の検索条件を指定して[検索実行]ボタンをクリックします。

(2)画面右手に条件に合致するアカウント一覧が表示されますので、復活するアカウントのチェックボックスを有効にします。
プルダウンメニューから[選択したアカウントを変更] - [アカウント復活]を選択し、[実行]ボタンをクリックします。



(3)アカウント復活のダイアログが前面に表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。



操作は以上となります。
対象バージョン
3.0 , 4.x , 5.0 , 5.1
対象ビルド
 
一般情報
この内容は参考になりましたか?
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。
Powered by i-ask
Page Top