よくあるご質問

キーワードから探す

  • FAQ検索
  • ID検索

※スペースで区切って複数検索が可能です。

カテゴリで絞り込む

カテゴリから探す

ID:3979
作成日: 2014/09/22
G Suite(旧称:Google Apps for Business)で個人のアカウントでのログインを規制したい

G Suiteで個人用アカウントでのログインを規制し、 企業用アカウントは
許可したいのですが、どうすればよいのでしょうか。

G Suite(旧称:Google Apps for Business ※以下G Suite)には管理者が明示的に指定した
Google アカウント以外のアカウントを使用して Google サービスにログイン
できないようにする機能があります。

Google Apps
   
InterSafe WebFilter V7.0 SP1~V8.5 SP2までのバージョン(Proxy版)では、以下の手順にて
この機能を使用できます。
※本機能を有効にするには、HTTPS解析機能をONにする必要があります。
 HTTPS解析機能については、No.3643 HTTPS解析機能を使いたいを参照ください。
   
   また、G Suiteで利用するサービスを許可の対象にする必要があります。
   例えば、Gmailは、ウェブメールカテゴリに登録されておりますので、
   ウェブメールカテゴリに規制が設定されている場合は、設定を許可に変更するか、
   GmailのURLを許可カテゴリへ例外URL登録し、Gmailを許可します。

【手順】
   
  1.InterSafe WebFilterのサーバOSにログインします。
    2.<インストールディレクトリ>/conf/proxy.infに以下のキーを追記します。
   
   [BLOCK_CFG]セクション
     GAPPS_ALLOWED_HOST=<ログインを許可するドメイン名>
   
   ■キーの説明
   GAPPS_ALLOWED_HOST(隠しキー)
   カンマ区切りで複数指定可能です。
   
   例)aaa.com と bbb.com のアカウントでログインしたユーザーを許可する場合
   GAPPS_ALLOWED_HOST=aaa.com, bbb.com 

  3.フィルタリングサービスを再起動します。

   ・Windowsの場合
   1. サービスの起動と停止を実行可能なユーザアカウントでWindows にログインします。
   2. [スタート] ボタン→ [設定] → [コントロールパネル] → [管理ツール] の順に選択し、
    [サービス] をダブルクリックします。
   3.フィルタリングサービス[InterSafeProxyControl]を再起動します。
サービス再起動
   ・Linux/Solaris の場合
    コマンドにて停止、起動を行います。
    停止
      < インストールディレクトリ>/bin/amsproxy stop 
    起動
     < インストールディレクトリ>/bin/amsproxy start 

  ※以下の設定を行うことで、G Suiteのサービス個々に適用することもできます。

   <インストールディレクトリ>/conf/proxy.inf
   [BLOCK_CFG]セクション
     GAPPS_HOST=<「X-GoogApps-Allowed-Domains」ヘッダ送信先のホスト> 
   
   ■キーの説明
   GAPPS_HOSTは、隠しキーで、デフォルトでは「google.com」が設定されています。
   つまり、「*.google.com」というホストへ接続した際、専用ヘッダを付加するため、
   G Suite全般が適用対象となります。G SuiteのGmailなど特定の
   サービスでのみ適用したい場合は、この設定を利用します。

   例)Gmailでのみ適用する。
   GAPPS_HOST=mail.google.com

   値は、カンマ区切りで複数指定可能です。
   Googleのサービス毎にアクセスをコントロールしたい場合には複数指定を行います。

☆Ver8.5 SP1/Ver8.5 SP2製品☆
 Ver8.5SP1以降では上記設定が管理画面上にて行えるようになりました。
 設定は以下の場所で行えます。

 管理画面[サーバ管理]-[一般設定]に「Google Apps 機能設定」がございます。
 こちらに任意のログイン許可ドメイン、専用ヘッダを付加するGoogleドメインを
 ご登録ください。

☆Ver9.1以降の製品☆
 Ver9.1では新たに 「ヘッダ制御機能(ヘッダ編集設定) 」が追加され、HTTP/HTTPSのヘッダに
 特定の情報を追加できるようになりました。
 ※この仕様変更に伴い、Ver9.1以降では管理画面の「Google Apps 機能設定」は非実装になります。

 「ヘッダ制御機能」の設定方法については、

【参考情報】
G Suite について詳細は下記を参照ください。
 ※Google, Gmail, G Suite は、Google Inc.の登録商標または商標です。
【注意事項】
上記方法はWebブラウザ上でのサービスに限り適用されます。
クライアントPCにインストールしたアプリケーション(Googleドライブなど)の場合は、
個人アカウントの利用が規制できません。

対象バージョン
All
対象ビルド
 
一般情報
この内容は参考になりましたか?
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。
Powered by i-ask
Page Top