アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
-
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 └
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
インストールの途中で、エラーとなり、インストールできません。
No.3906  日付:2012-09-24 14:26:00
質問 InterSafe LogDirectorのインストールで、最後のほうにパーセンテージで
進捗が表示されている画面で、以下のエラーが出力されました。
どのようにしたらインストールできるのでしょうか。
--------------------
Enter the number for your choice, or Press to accept the default[1]:
========================Problem running post-install step. Installation may not complete correctly
The database cluster initialisation failed.
================An error has been detected.
Time out occurred during the PostgreSQL installation.
LogDirector installtion has been terminated.
--------------------

回答
SELinux設定が有効になっている場合、インストールに失敗致します。
LinuxのSELinux設定をご確認下さい。

■SELinux設定確認方法

/usr/sbin/getenforce
enforcing

「disabled」になっていない場合、以下のように変更を行って下さい。

■SELinux設定変更方法

vi /etc/selinux/config

----------------------------
# This file controls the state of SELinux on the system.
# SELINUX= can take one of these three values:
#     enforcing - SELinux security policy is enforced.
#     permissive - SELinux prints warnings instead of enforcing.
#     disabled - No SELinux policy is loaded.
SELINUX=disabled     ←変更箇所
# SELINUXTYPE= can take one of these two values:
#     targeted - Targeted processes are protected,
#     mls - Multi Level Security protection.
SELINUXTYPE=targeted
----------------------------
※上記方法では、OS再起動後に設定が反映され、以降も
  SELinux設定は「disabled」のままとなります

対象製品 InterSafe LogDirector
対象バージョン 1.0 , 2.0 , 2.1 , 3.0 対象ビルド  
一般情報
アンケートにご協力ください