アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
-
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 └
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
ICAP版にて、HTTPS規制画面の表示時に ブラウザのアドレスバーにドメイン名を表示する方法
No.3902  日付:2014-07-14 12:00:00

回答 ICAP版では、HTTPSの規制サイトにアクセスした際の規制画面の
ブラウザのアドレスバーに、デフォルトではIPアドレスが表示されます。

Build0723以降のプログラムにて、 IPアドレスと紐付いたドメイン名を
表示できるようになりました。

■プログラム適用方法

(1)現在Ver7.0 Build0715 、Build0719 をご利用の場合

     2012年2月10日リリースの SP1(Build0733)を適用し、
     (3)の設定をおこなってください。

     プログラムダウンロードについては添付URLをご覧ください。


(2)現在Ver7.0 Build0723 以降をご利用の場合

     (3)の設定をおこなうことで、ドメイン名を表示が可能となります。

     ※Ver7.0 SP1(Build0733)の適用は必須ではありませんが、
       本件以外の機能追加や修正をおこなっておりますので、
       SP1の適用もご検討ください。


(3)適用後の設定方法

      Build0723以降のプログラムを適用後、設定ファイルに次のキーを追加し、
      表示したいドメイン名を設定してください。 
    
      ※InterSafeサーバのIPアドレスと紐付いているドメイン名を
         指定してください。
                                                                                
     <導入ディレクトリ>/intersafe/conf/proxy.inf   
     [CONTROL_CFG] セクション                                                   
     ICAP_BLOCK_FILE_SERVER=   

     ※隠しキーなので、直接記述します。
     ※お客様環境のInterSafeサーバ、ICAPクライアント、クライアントPC
        で名前解決が可能なドメイン名を指定してください。
      
     追記後、InterSafe WebFilterの全てのサービスを再起動して
     変更内容を反映させます。
 
     停止:<導入ディレクトリ>/intersafe/bin/amsmain stop
     起動:<導入ディレクトリ>/intersafe/bin/amsmain start


※文中のBuild0719、Build0723はICAP版のみの提供となります。
   その他の製品に関しましては、本内容は該当いたしません。

※ブラウザの仕様により、IE7の場合はHTTPSサイトの規制画面の
   ブラウザのアドレスバーに、IPアドレスではなく規制対象のURLが表示
   されるため、本設定は有効にはなりません。 IE6、IE8、IE9が対象です。

※Ver8.5 SP1にてICAP版の規制理由表示に対応いたしました。
対象製品 InterSafe WebFilter
対象バージョン 7.0 対象ビルド 0715, 0719, 0723, 0733
添付URL 試用版のプログラム、最新のプログラム、マニュアルはどこから入手できますか?
一般情報
アンケートにご協力ください