アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
[ILP共通] ILPServer のIPアドレスが変更された場合の対応方法
No.3901  日付:2016-08-23 14:30:00

回答 ILPServer マシンのIPアドレスを変更した際は以下の順に設定を変更してください。
※各接続先ホスト名を指定している場合は、変更の必要はありません。今後のためにも
   できるだけホスト名での運用をお願いいたします。


1. InterSafeManager 設定
 InterSafeManager>【環境設定】タブ>【システム設定】プルダウン>【サーバー接続設定】タブ より、
  ・InterSafe Server 接続先ホスト名または、IPアドレス
  ・InterSafe Manager 接続先ホスト名または、IPアドレス
  ・InterSafe WorkFlow 接続先ホスト名または、IPアドレス
  ・InterSafe UpgradeServer 接続先ホスト名または、IPアドレス

2. InterSafeClient 設定変更箇所
  ・既にインストールされたクライアント
   タスクトレイアイコン右クリック>【サーバー接続設定】より変更するIPアドレスを指定し
       OSを再起動します
       ※ 申し訳ございませんが一括で変更する方法はなく、個別に設定が必要です

  ・ 新規インストールするクライアント
   IIBSServerSetting.exe にて作成するServerSetting.cfg に変更するIPアドレスを指定し
       インストーラへ組込みます(コピーします)。
        組込み先:
       (インストールメディア)\InterSafe Client\Installer\x86\CommonAppData\ALSI\ISC\System\
       (インストールメディア)\InterSafe Client\Installer\x64\CommonAppData\ALSI\ISC\System\

※ 上記切替をする場合はオフラインログイン機能を有効にしてください(初期値:有効)

※ 上記切替をする場合はメニュー制御の"サーバー接続設定"を表示としてください(初期値:表示)
対象製品 InterSafe SecureDevice, InterSafe IRM, InterSafe DeviceControl
対象バージョン   対象ビルド  
一般情報
アンケートにご協力ください