アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
Windows 7のライセンス認証(アクティベート)に失敗する。
No.3880  日付:2011-09-30 11:44:00

回答

InterSafe WebFilter(ISWF)のアカウント認証(BASIC認証、NTLM認証)を利用している環境で、
Windows 7のアクティベートに失敗する現象を確認しております。

これは、アクティベート時の通信が、ISWFの認証処理に対応していないことが原因と判っております。
対策として下記が挙げられます。

【Ver6.0以前での対策】
 ・IPアドレス認証による回避
  IPアドレス認証によって、現象を回避できることが確認できております。
  アクティベートの対象PCのIPアドレスをISWFのグループに登録いただくと
  IPアドレス認証が適用されます。

【Ver6.5以降での対策】
 ・IPアドレス認証による回避
 ・認証除外ホストの設定による回避
  認証除外ホストの設定(下記)に "go.microsoft.com" 及び "activation.sls.microsoft.com" を
  追加することで現象を回避できることが判っております。

  <インストールディレクトリ>/conf/proxy.inf内
  [ACCESS_CTRL]
  AUTHORIZED_HOST=
  ※既存の設定がある場合は、カンマ区切りで追記します。
  
  上記キーはVer6.5より追加されたキーです。キーに設定したホストへの通信は、
  自動的にルートグループとして判断し、認証処理をスキップします。(ルートグループの
  フィルタリングルールが適用されます。(※1))
  
  設定変更後は、設定反映のため、フィルタリングサービスの再起動を実施して下さい。
  (本設定に関しては、以下のリロードコマンドでも設定反映が可能です。)
  ■リロードコマンド
  <インストールディレクトリ>/bin/amsdata -reload

  (設定例)
  ---------------------------------------------------------
  <インストールディレクトリ>/conf/proxy.inf内
  [ACCESS_CTRL]
  AUTHORIZED_HOST=www.update.microsoft.com,go.microsoft.com,activation.sls.microsoft.com
  ---------------------------------------------------------
  ※注意
  Webサーバ側の変更によって認証除外が必要なホストが追加・変更となる場合がございます。

   (※1)
   Ver8.0以降ではAUTHORIZED_HOSTに登録するURLが[ITサービス]カテゴリに登録されております。
   そのため必要に応じて以下も行なってください。
 ・ルートグループの[ITサービス-更新ファイル・ドライバ][ITサービス-IT]カテゴリが規制されて、かつ
     許可に変更できない場合
     → ルートグループの例外URLにAUTHORIZED_HOSTに登録したURLを許可カテゴリで登録してください。
 ・ルートグループの[ITサービス-更新ファイル・ドライバ][ITサービス-IT]カテゴリが許可されている場合
     → 追加で行なっていただく作業はございません。

対象製品 InterSafe WebFilter
対象バージョン ALL 対象ビルド  
一般情報
アンケートにご協力ください