アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
Squid版で規制時のURLに表示されるISWFサーバのIPアドレスをホスト名に変更する方法
No.3751  日付:2012-03-30 19:00:00

回答

Squid版では、規制画面形式に「ファイル」もしくは「メッセージ」を指定している場合、
下記例のように、規制画面のURLにInterSafe WebFilter(ISWF)のサーバのIPアドレス
が表示されます。

■規制時のURL(ISWFのサーバのIPアドレスが 192.168.1.100 の場合)
http://192.168.1.100:21128/ ~

このIPアドレスの部分を、ISWFサーバのホスト名に変更することができます。
変更手順は以下の通りです。

※ISWF、Squid、クライアントPCなど、リクエスト転送に関わる各箇所でホスト名の名前解決
 が行えることが前提となります。

※ホスト名を名前解決した結果が、ISWF自身のIPアドレスになるよう設定をお願いします。
  
名前解決した結果がISWF自身以外のIPアドレスの場合、フィルタリングサービスの起動に
   失敗しますのでご注意ください。
  
【変更手順】
  
(1).以下の設定箇所にホスト名を指定します。

 <構成がマスタサーバのみの場合>

  ■設定ファイル

   /<インストールディレクトリ>/conf/proxy.inf

  ■設定箇所
   [CONTROL_CFG]セクション
   BLOCK_FILE_SERVER=
   ※指定するホスト名に英文字を含む場合は、必ず、全て英小文字にしてください。
    (英大文字を含んでいると、規制画面が表示されません。)

   (設定例)
   ------------------------
   [CONTROL_CFG]
   BLOCK_FILE_SERVER=test01
   ------------------------


   設定変更後は、以下の設定同期コマンドを実行してください。
   
  ■設定同期コマンド
   /<インストールディレクトリ>/bin/amsdata -sys


 <構成がマスタ/スレーブサーバの場合>

  ※マスタサーバ側の以下2つのファイルを編集します


  ■設定ファイル その1

   /<インストールディレクトリ>/conf/proxy.inf

  ■設定箇所
   [CONTROL_CFG]セクション
   BLOCK_FILE_SERVER=
   ※指定するホスト名に英文字を含む場合は、必ず、全て英小文字にしてください。
    (英大文字を含んでいると、規制画面が表示されません。)
  

  ■設定ファイル その2

   /<インストールディレクトリ>/conf/sys/slave*.inf
   ("*"の部分には、スレーブサーバごとに連番が割り振られています。)
   
  ■設定箇所
   [CONTROL_CFG]セクション
   BLOCK_FILE_SERVER=
   ※指定するホスト名に英文字を含む場合は、必ず、全て英小文字にしてください。
    (英大文字を含んでいると、規制画面が表示されません。)

   
   設定変更後は、必ず、設定同期コマンドを実行してください。
   
  ■設定同期コマンド
   /<インストールディレクトリ>/bin/amsdata -synchronize
   
(2).ISWF(マスタ/スレーブ)の全サービスを停止します。
  
(3).Squidを停止します。
 
(4).ISWF(マスタ/スレーブ)の全サービスを起動します。
 
(5).Squidを起動します。
 
手順は以上となります。

対象製品 InterSafe WebFilter
対象バージョン 7.0 対象ビルド  
一般情報
アンケートにご協力ください