アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
-
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 └
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
Ver2.x WebFilterをバージョンアップした場合、設定が必要ですか
No.3698  日付:2011-05-06 16:12:00
質問 InterSafe WebFilterをバージョンアップした場合、LogDirector側で何か設定など必要ですか。

回答
LogDirectorのインストール時に指定したWebFilterのバージョンと
異なるバージョンのログを取り込んだ場合、追加カテゴリのログについては
レポートで「該当なし」として集計・分類されてしまいます。


WebFilterをバージョンアップした場合は以下の作業を行ってください。


① コンソールにてLogDirectorがインストールされているサーバにアクセスします。

② <LogDirectorインストールディレクトリ>/bin/converttool.shを実行します。

開始メッセージの後に、
PostgreSQLデータベースのパスワード確認メッセージが表示されます。
データベースのパスワードを変更していない場合には、<Enter>キーを押して実行します。
PostgreSQLデータベースのパスワードを変更している場合には、
パスワードを入力して<Enter>キーを押します。

※LogDirectorインストール時に指定したISWFのバージョンが、
   5.0の場合には6.0に、6.0の場合には6.5以上にコンバートされます。
   ISWFをv5.0からv6.5やv7.0にアップデートした時は、本コンバートツールを2回起動してください。
対象製品 InterSafe LogDirector
対象バージョン 2.0 , 2.1 対象ビルド  
一般情報
アンケートにご協力ください