アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
よく検索されるキーワード
カテゴリ検索
FAQ
タイトル
[ILP共通] Tomcat、Apache、PostgreSQL利用ポート番号が競合した場合の対応方法
No.3645  日付:2017-02-16 19:00:00

回答

InterSafeに内包されているApache/Tomcat/PostgreSQLが利用しているポートが既に既存のシステムと
競合する場合、本FAQの内容に沿って、変更してください。なお、ポートを変更された場合、アップデー
ト時のプログラムマイグレーションが正常に動作しない場合があり、お客様により手動にて設定いただく
ことが必要になります
。予めご了解の上、実施をお願いいたします。


1. Apache使用ポート変更


ILPServer/SDServerでApatchの使用するポート番号(80)が既に使用されている場合は、
以下の設定ファイルを修正してポートを変更します。

1-1. Apache の httpd.conf の設定
    C:\Program Files (x86)\Apache Software Foundation\Apache x.x\conf\httpd.conf の以下
    の項目を修正します。

  ・・・・・・・・・・・・
  Listen 80
  ・・・・・・・・・・・・
  ブラウザからアクセスする場合は、以下のようにポートの指定が必要になります。
  http://hostname:81/ISManager/faces/sysadmin.jsf
     ※上記は、ポート番号を80->81に変更した場合の例です。

1-2. IIBSServerSetting.cfg の設定
    インストールマニュアル「5-2.ServerSetting.cfgファイルの作成」項目に記載の、ポート番号についても
   上記項目で修正したポート番号に合わせて IIBSServerSetting.cfg を作成致します。

1-3.InterSafeManager の設定
      InterSafeManager の「環境設定」タブ→「システム設定」→「サーバー接続設定」タブをクリックし、
      ご利用しているサーバー(InterSafe Manager/IngerSafe Server/WorkFlow/Update Server)の、
     ポート番号を、上記項目で修正したポート番号に合わせて修正して下さい。

2. Tomcatの使用ポート変更

ILPServer/SDServerでTomcatの利用するポート番号(8005,8080,8443,8009 )が既に利用されている場合、
  "C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat X.0\logs\catalina.yyyy-mm-dd.log"
に以下のようなエラーが記録され、Tomcatを起動することができません。
  java.net.BindException: Address already in use: JVM_Bind :8xxx (←競合しているポート番号)
その場合、競合しているポート番号を変更することで対応することが可能です。

2-1. Tomcat の server.xml の設定
  C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat x.x\conf\server.xml 内の 8005,8080,8443,8009 をすべて他のポートに変更します
  基本的に既存使用ポート番号と重複しなければ問題ありませんが、18005,18080,18443,18009などの採番を推奨しています。
  ・・・・・・・・・・・・
  <Server port="18005" shutdown="SHUTDOWN">
  ・・・・・・・・・・・・
  (中略)
  ・・・・・・・・・・・・
  Define a non-SSL HTTP/1.1 Connector on port 18080
  -->
  <Connector port="18080" protocol="HTTP/1.1"
   ・・・・・・・・・・・・

2-2. Apache httpd.conf の設定
    Tomcatポート変更に伴い、Apache側の設定も変更します。
    C:\Program Files (x86)\Apache Software Foundation\Apache x.x\conf\httpd.conf の 8009 を他のポート(server.xml と同じ番号)に変更します。
  ・・・・・・・・・・・・
  <Location "/ISManager">
    ProxyPass ajp://localhost:18009/ISManager
  </Location>
  <Location "/ISServer">
    ProxyPass ajp://localhost:18009/ISServer
  </Location>
  <Location "/ISWorkflow">
    ProxyPass ajp://localhost:18009/ISWorkflow
  </Location>
  #アップデートサーバーを別環境にするにはここを修正↓
  <Location "/ISUpdateServer">
    ProxyPass ajp://localhost:18009/ISUpdateServer
  ・・・・・・・・・・・・
  ※1-1項のserver.xml で 8009 から変更したポート番号を設定します。


3. PostgreSQLの使用ポート変更

ILPServerで利用するPostgreSQLは、同じバージョン(v9.2)が導入されていなければ通常通りインストール
することが可能です。
その際、ILPServerで利用するPostgreSQLの利用ポート(5432)が既に利用されている場合はインストール時に自動的に空いているポートが割り振られます。

割り振られたポートは以下のファイルより確認可能です。
C:\Program Files\PostgreSQL\x.x\data\postgresql.conf
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
port = 5433                # (change requires restart)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このポートに合わせ、以下ファイル内の記述すべてをInterSafe側のポートへ変更してください。
C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat x.x\conf\Catalina\<サーバ名>\
※インストール直後はフォルダは存在しません。この場合はTomcatサービスを起動していただければ生成されます
・ISManager.xml
・ISServer.xml
・ISUpdateServer.xml
・ISWorkflow.xml

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  url="jdbc:postgresql://<サーバ名>:5433/ISDB"
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ※ISServer.xml は2箇所編集が必要です。ご注意ください。

以上です。

対象製品 InterSafe SecureDevice, InterSafe IRM, InterSafe DeviceControl
対象バージョン   対象ビルド  
一般情報
アンケートにご協力ください