アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
Ultrasurfについての対策について
No.3493  日付:2010-09-02 15:42:00
質問 Ultrasurfというソフトを利用すると、InterSafeのフィルタ
リングされず、閲覧可能となってしまいますが、規制をかける
事は可能でしょうか。

回答


Ultrasurfを利用すると、クライアント端末からは、HTTPS(暗号化)
の通信がリクエストされ、InterSafe側では暗号化されたURL内容を
解読する事ができませんが、IPアドレス規制又は、例外URL機能を
ご利用頂くことで、Ultrasurfを使用不可の状態にする事が可能です。

弊社にてソフトウェアの動作検証したところ、実際にリクエストした
URLは暗号化され、https://<IPアドレス>というリクエストが送信されて
おりました。
Ultrasurfは通常、ツールを起動後、IEが起動し、起動したIEにて通信
を行うことで、暗号化通信となりフィルタリングできない状態となります。
InterSafeにて対策を実施後は、ツールを起動させた後、サーバと通信
できませんのでIEが起動できない状態となります。

■対策1
InterSafeでIPアドレス規制を行って下さい。

 ・IPアドレス規制

 ●Ver.5.0以降の場合
 管理画面 > フィルタリング設定 > グループ設定 >
 任意のグループを選択(全てのリクエストをIPアドレス規制と
 する場合は「ルートグループ」を選択します) >
  規制オプション設定へ > IPアドレス規制 の「有効」に
  チェックを入れ[更新]ボタンをクリックします。

 ●Ver.3.xまでの場合
 管理画面 > グループ管理 > グループ設定 >
 任意のグループを選択(全てのリクエストをIPアドレス規制と
 する場合は「全グループを対象」を選択します)
  【IPアドレスリクエスト拒否】 にチェックを入れ[変更]ボタンを
 クリックします。

■対策2
添付ファイルに記載のあるURLを、例外URLに登録して下さい。
本URL情報は、弊社の検証環境にて確認できた接続先のURLを
記載していますが、可変である可能性がございます点をご了承
ください。

 ・例外URL登録方法

 ●Ver.5.0以降の場合
 管理画面 > フィルタリング設定 > グループ設定 >
 任意のグループを選択 > 例外URL登録設定へ にて添付ファイルの
 URLを規制カテゴリに登録してください。

 ※Ver.7.0より例外URL登録にてIPアドレスのレンジ指定が可能となりました。
      IPアドレスを一つ一つ登録する手間がなく、範囲指定での登録ができます。
      登録方法につきましては添付URLをご覧ください。

 ●Ver.3.xまでの場合
 管理画面 > グループ管理 > 例外URL >
 任意のグループを選択 > URLの追加 にて添付ファイルの
 URLを規制カテゴリに登録してください。

対象製品 InterSafe WebFilter
対象バージョン all 対象ビルド all
添付ファイル ultrasurf_url.zip
添付URL No.3743「例外URL登録のIPアドレスレンジ指定について(Ver7.0以降)」
一般情報
アンケートにご協力ください