アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
社内のメールを、Webメールに切り替えた後、Web閲覧が遅くなる事があります。
No.3452  日付:2010-07-13 19:50:00

回答

例えば、gmailなどを使用されていて、https通信を利用するような環境では、
http通信に比べ、3倍のスレッドを消費しますので、InterSafeにてスレッド
不足が発生している可能性がございますので、以下の手順にて回避して下さい。

■回避策1
InterSafeのシステムログに以下のメッセージが出力されていないかご確認下さい。


【Ver8.xの場合】
Proxy版は、InterSafe_proxy.log
ICAP版は、InterSafe_filtering.log
に出力されます。

【Ver7.0以前の場合】
すべての製品で、 InterSafe_sys.log
に出力されます。


メッセージ:「Currently there is no available thread」

出力されている場合、プロセス数の増加をご検討下さい。

デフォルト値の倍の値変更して改善されるかご確認下さい。
本体策で解決されない場合、回避策2をご参照下さい。


■回避策2
httpsの処理にてInterSafeが高負荷になっている可能性がございます。
特定のWebメールのホストをIEの例外設定に登録し、InterSafeを経由
させないように変更して下さい。

なお、お客様環境によっては、IEの例外登録のみでは閲覧できない場合が
ございます。これはネットワーク機器での制御によって拒否されている事が
ございますので、ネットワーク管理者と調整いただき特定のWebメールの
通信に対しては、直接Internetへのアクセスを可能にするよう変更していた
だく必要がございます。

対象製品 InterSafe WebFilter
対象バージョン All 対象ビルド  
一般情報
アンケートにご協力ください