アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
-
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 └
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
複数のDSシステムの間で暗号化ファイルを共用できますか?
No.2911  日付:2009-04-21 17:49:00
質問 暗号化ファイルを異なるDocumentSecurityシステム間で共用できますか?
例えば、A社とB社でDocumentSecurityを導入していた場合、
A社で暗号化されたセキュリティファイルはB社のDocumentSecurityクライアントや、
管理コンソールから復号化できるのでしょうか?

回答 基本的にはできません。
なぜなら各DocumentSecurityシステムは独自のマスターキーを持ち、
暗号化したファイルはその鍵がないと開くことができないからです。
例えばA社のDocumentSecurityシステムで作成した暗号化ファイルは、
A社のマスターキーを与えられたClientであれば開くことができますが、
B社のマスターキーをもつB社のClientでは閲覧することが出来ません。

ただし、両社が信頼関係にあり、互いのキーを故意に一致させれば2社の間で
暗号化ファイルを共用することができます。
対象製品 DocumentSecurity
対象バージョン 3.5 対象ビルド  
一般情報
アンケートにご協力ください