アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
例外URLにワイルドカードは使えますか?
No.2424  日付:2012-03-19 18:16:00
質問 例外URLに共通サイトの複数のURLを登録したいのですが、
ワイルドカード(*)のような設定は可能なのでしょうか?

(例)
 例外URLで許可したいサイト

  http://alsi_1.co.jp/
  http://alsi_2.co.jp/
  http://alsi_3.co.jp/

 例外URLに下記のように登録できますか?

  http://alsi*.co.jp

回答 ワイルドカード(*)を使用できます。こちらは1文字以上の任意の文字列にマッチします。

登録時、 登録形式ワイルドカード指定URL を選んでください。
通常URL のままですと、 * はワイルドカードとして扱われず、
アスタリスク1文字として認識されてしまいます。

設定方法については、添付のFAQをご覧ください。

なお、 通常URL であっても、以下のように自動的にワイルドカードを認識します。
  • ホスト部は後方一致で、前方に自動的にワイルドカードとして認識します。
  • ディレクトリ部は前方一致で、後方にワイルドカードとして認識します。

  • 例1)
    http://alsi.co.jp/通常URL として登録することで、
    http://www.alsi.co.jp/ や http://www.test.alsi.co.jp も規制できます。
    ※ ホスト部のサブドメインまでは完全一致判定となります。
    例えば http://testalsi.co.jp/ のような、サブドメインまで
    完全一致しないURLは規制対象とはなりません。
    例2)
    http://alsi.co.jp/security/通常URL として登録することで、
    security/ 以下全てのディレクトリが規制されます。


    ※ InterSafe CATS Ver. 4.5以前の環境では、例外URLに
    「ワイルドカード指定URL」を使用することはできません。

    ※ InterSafe CATSの導入環境にて、バージョンが異なるクライアントが
    混在する場合、ワイルドカードを使用した例外URLは、Ver. 4.6以降の
    モジュールを適用したクライアントでのみ有効になります。

    対象製品 InterSafe CATS
    対象バージョン 2.0 , 2.1 , 3.0 , 4.x , 5.x 対象ビルド  
    添付URL 例外URLの登録方法
    一般情報
    アンケートにご協力ください