アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
再起動時にフィルタリングサービスの自動起動に失敗する(Windows版)
No.2387  日付:2012-07-12 09:00:00
質問 Windows版のフィルタリングサーバを、毎朝自動的にリブートしています。
ところがある朝リブート後にフィルタリングサービスの起動に失敗していました。
その後手動でフィルタリングサービスを起動したら、正常に起動しました。
原因と対処方法について教えてください。

回答 [想定される原因]
OS再起動時に、他のアプリケーションの挙動によってリソースが不足し、
フィルタリングサービス(InterSafeProxyControl)の起動に失敗したと考えられます。

[対処方法]
サービスの自動起動に失敗した場合、自動的に回復処理を行うことで回避できる場合があります。
以下の設定をご検討ください。

※InterSafe WebFilter導入サーバにて設定ください。
1.Windows OSの[管理ツール]-[サービス]を開きます。
2.サービス一覧のフィルタリングサービス(InterSafeProxyControl)を右クリックして[プロパティ]を選択します。
3.[回復]タブを選択します。
4.以下を設定し「適用」ボタンを押します。
 最初のエラー:サービスを再起動する
 サービスの再起動:[ 5 ]分後に行う ※5分後以降を推奨します

対象製品 InterSafe WebFilter
対象バージョン All 対象ビルド  
一般情報
アンケートにご協力ください