アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
マスタスレーブ間の同期と生存確認のタイミングについて
No.2363  日付:2014-09-19 17:00:00
質問 マスタサーバとスレーブサーバ間では、定期的に同期を行っていますか?
また、定期的に生存確認の監視は行っていますか?
行っている場合そのタイミング(間隔)と通信の方法
(TCPまたはUDP)を教えてください。

回答 定期的な同期ではなく、マスタサーバ側で設定変更を行った場合に
即時、同期を行っています。

マスタサーバからスレーブサーバに対しての生存確認(ヘルスチェック)は
定期的に行っています。このタイミングは、設定ファイルから変更出来ます。

<導入ディレクトリ>/conf/proxy.inf
[SERVICE_OBSERVE]
ADMIN_INTERVAL=30(秒)←初期値

※変更した後はInterSafe WebFilterのサービスの再起動をお願いします。

なお、生存確認の通信はICMPではなくTCPで行っています。
対象製品 InterSafe WebFilter
対象バージョン All 対象ビルド  
一般情報
アンケートにご協力ください