アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
-
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 ├
 └
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
マスターとスレーブ間にファイアウォールなどが存在する場合
No.1642  日付:2018-06-04 13:00:00
質問 マスタサーバとスレーブサーバの間にファイアウォールがある場合の、
必要な設定方法について教えてください。

回答 マスタサーバとスレーブサーバ間では、初期値で次のポートを使用して
いますので、必要に応じてファイアウォール側で開放してください。

①管理サービス用ポート:41212
②データ同期用ポート:41213
③管理画面用ポート:2319
④アクセスログエージェントポート:41210 (Ver9.0以降)
⑤集計データベースサービスポート:41209 (Ver9.0以降)


また、InterSafe WebFilterの設定ファイルを編集すると、サービスが使用する
ポートを変更することが可能です。

■設定ファイル保存先
・WindowsOS
 <インストールドライブ>\conf\proxy.inf
 ※<インストールドライブ>はデフォルトではC:\InterSafeです。

・LinuxOS
 <インストールディレクトリ>/conf/proxy.inf
 ※<インストールディレクトリ>がデフォルトでは/usr/loca/intersafeです。

■該当項目
①管理サービス用ポート
 [SYSTEM_GLOBAL]
 ADMIN_PORT=41212 (初期状態では記載がないため追記)

②データ同期用ポート
 上記ADMIN_PORT + 1 (初期値は 41213)

③管理画面用ポート
 [SYSTEM_GLOBAL]
 WWW_ADMIN_PORT=2319

④アクセスログエージェントポート
 [SERVICE_OBSERVE]
 LOG_ANALYZE_AGENT_PORT=41210

⑤集計データベースサービスポート
 [SERVICE_OBSERVE]
 LOG_ANALYZE_DB_PORT=41209

※マスタ/スレーブ両方のproxy.infに追記してください。
   変更後はマスタ/スレーブ両方のInterSafe WebFilterのすべてのサービスの
   再起動を行なってください。
対象製品 InterSafe WebFilter
対象バージョン All 対象ビルド  
一般情報
アンケートにご協力ください