よくあるご質問

キーワードから探す

  • FAQ検索
  • ID検索

※スペースで区切って複数検索が可能です。

カテゴリで絞り込む

カテゴリから探す

ID:1628
作成日: 2018/11/01
認証時のキャッシュについて

認証時にInterSafe WebFilterがキャッシュする情報、LDAPサーバから取得する
情報について詳細を教えてください。

■Proxy版

・Basic認証(LDAP連携)の場合
 入力されたアカウントとパスワードに紐付いたグループ情報をキャッシュしております。

・NTLM認証の場合
 キャッシュ情報は、IPアドレス情報とUser-Agent情報を関連付けてキャッシュしており、
 IPアドレス、ユーザ、グループが含まれます。
 一旦認証が成功すると引き当てグループが確定されるため、キャッシュ時間が有効な間は
 グループのサーチが行われません。キャッシュが無効となる時、再度LDAPサーバへ
 問い合わせが行われます。

■ICAP版

・Basic認証(LDAP連携)の場合
 入力されたアカウントとパスワードに紐付いたグループ情報をキャッシュしております。

・NTLM認証の場合
 ICAPクライアント(Squid や Bluecoat や A10) でNTLM認証を実施している場合、
 InterSafe WebFilter上でNTLM認証フェーズ(NTLM type1,type2, type3 などの
 認証ヘッダのやり取り) が発生せず、ICAPクライアント側でNTLM認証済みの情報を
 ICAPヘッダ経由で取得します。この時、InterSafe WebFilterの[ユーザ管理]に存在
 しているユーザであれば、認証のためのLDAPサーバへの通信は発生しません。
対象バージョン
All
対象ビルド
 
一般情報
この内容は参考になりましたか?
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。
Powered by i-ask
Page Top