アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
Ver7.0以降の例外URLの使用方法について
No.3644  日付:2017-06-21 16:00:00
質問 例外URLを使う場合の注意点を教えてください。

回答

■例外URLの判定について(通常URL)
例外URLは以下のように判定されます。
・URLの判定はドメイン部分、ポート部分、ディレクトリ部分で分かれています。
・ドメイン部分は後方一致、ポート部分は完全一致、ディレクトリ部分は前方一致で判定を行います。
・ポート部の記載が無い場合、プロトコル毎に既定のポート番号を自動的に付加します。規定のポート番号は、httpは80、httpsは443になります。

プロトコルドメイン部分ポート
部分
ディレクトリ部分
http://www.ad.netstar.jp:8080/abcde/index.html

■例外URLの登録方法について
例外URLの登録方法には、
[通常URL]、[IPアドレスレンジ指定]、[ワイルドカード使用URL]
および[ホスト名/IPアドレス]の4種類があります。
通常URLのホスト部については、登録文字列の前にある「.」より前に
文字列があった場合、判定の対象となりますので、前方にワイルドカードがある
状態になっております。
ディレクトリ部については登録文字列より後方にワイルドカードがある状態と
なっております。
※ワイルドカード使用URLにおいても同様の仕様ですが、ワイルドカード(*)を
   使わないことは想定しておりませんので、ワイルドカード(*)を使用しない
   場合は、通常URLをご利用ください。
[ホスト名/IPアドレス]は、Ver.8.5 SP2で追加されました。特定のサイト全体を例外
   として登録する場合、該当するIPアドレス名、またはホスト名を登録します。
   この指定の場合、ドメイン部のみを対象に後方一致で判定します。
   プロトコル、ポート番号、およびパスは判定に含まれません。

上記の使い分けとしては、通常URLですとホスト部は後方一致のため、
トップドメインをワイルドカードとすることができません。

具体的な設定の例は、下記の図を参照ください。

※ワイルドカード指定の例外URLを大量に登録するとパフォーマンスに
影響がありますのでご注意ください。

【画面の例】

ワイルドカードを使用した例外URL登録を行う場合は、例外URL登録画面で、登録形式に
「ワイルドカード使用URL」を指定します。ワイルドカードには、アスタリスク(*)を用います。

※画面はVer7.0のものです。


ワイルドカードには、使用条件があります。条件別に使用例を紹介します。

【例1】http://www.alsi.co.jp/news/2011 をヒットさせるには?

 1.1文字以上の文字列がマッチした場合に有効になります。
  
   (使用例)
   ■OKパターン
      http://www.alsi.co.jp/news/201*
   ■NGパターン
      http://www.alsi.co.jp/news/2011*
     → ワイルドカードに1文字以上当てはまらないため。
  
 2.スラッシュ(/)、ドメインレベル(.)をまたいだ部分一致文字列として表現することは出来ません。
  
   (使用例)
   ■OKパターン
      http://*.*.co.jp/news/2011
   ■NGパターン
      http://*.jp/news/2011
      http://*.co.jp/news/2011
     → ドット(.)を含めた文字列を表現できないため。(★)

 3.ドメイン全体をワイルドカードで指定することができます。
  
   (使用例)
   http://*/news/2011


【例2】http://www.alsi.co.jp/*ab と登録した場合、どういうURLがヒットしますか?

 ■ヒットするURLのパターン
      http://www.alsi.co.jp/cab
      http://www.alsi.co.jp/.ab/
      http://www.alsi.co.jp/cab.com/news
      http://www.alsi.co.jp/test.ab.com/news
   → サブディレクトリ部分は、ドット(.)を含めて文字列を表現することが可能です。

 ■ヒットしないURLのパターン
      http://www.alsi.co.jp/abc
      http://www.alsi.co.jp/ab/ccc
   → ワイルドカードに1文字以上当てはまらないため。

      http://www.alsi.co.jp/ccc.com/ab
      http://www.alsi.co.jp/aaa/aabc.com/news
      http://www.alsi.co.jp/test/a.ab.com/abc
   → ホスト名とサブディレクトリの間にディレクトリが存在するためヒットしません。(★)
            ディレクトリの階層は正確に指定する必要があります。


【例3】http://www.alsi.co.jp/* と登録した場合、どういうURLがヒットしますか?

 ■ヒットするURLのパターン
      http://www.alsi.co.jp/abc

 ■ヒットしないURLのパターン
      http://www.alsi.co.jp/
   → ワイルドカードに1文字以上当てはまらないため。

【参考】登録形式「通常URL」で、http://www.alsi.co.jp/ と登録した場合、どういうURLがヒットしますか?

 ■ヒットするURLのパターン
      http://www.alsi.co.jp/
      http://www.alsi.co.jp/abc
      http://www.alsi.co.jp/cab.com/news
      http://www.alsi.co.jp/test.ab.com/news
      →  ホスト名が同一のURLであればサブディレクトリに制限はありません。


Ver8.5では、ワイルドカード「*」の検索対象を拡張する機能が追加されたため、ホスト部のドット(.)、
サブディレクトリ部のスラッシュ(/)を文字列として表現可能となりました。

そのため、(★)のNGパターン、ヒットしないURLパターンもヒット対象となります。

この機能を使用する場合は『ワイルドカード「*」の検索対象を拡張する』にチェックを入れてください。

 ※画面はVer8.5のものです。


対象製品 InterSafe WebFilter
対象バージョン 7.0 , 8.0 , 8.5 対象ビルド  
添付URL 登録時の制限事項(上限値)について(Ver8.x)
一般情報
アンケートにご協力ください