アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
[ISIRM/FP] Win10におけるWindowsExplorerのクイックアクセス表示が遅くなる問題について
No.5314  日付:2019-03-05 09:03:00

回答 1.事象
  InterSafe 導入後、IRM/FPなど暗号化を有効にするとWin10におけるWindows
  Explorerのクイックアクセス表示が遅くなる

2.原因
  InterSafeはファイルアイコンに鍵マークを表示するため、都度ファイルヘッダー
  を読込みます。同様に「クイックアクセス」で表示されるファイルへもアクセス
  します。アクセス先のファイルがネットワーク回線などの影響でアクセスが遅い
  と時間がかかってしまい、このようなファイルが複数存在すると、本事象が発生
  します。

3.回避方法
  大変申し訳ございませんがInterSafeではクイックアクセスのみ上記動作を行わない
  などができません。またタイムアウトを短くすると、通常のファイルアクセスにも
  影響が出てしまいまので、以下いずれかの方法にて回避をお願いいたします。

 ・アクセス履歴をキャッシュしない
    WindowsExplorer-[表示]-[オプション]-[全般]タブの[プライバシー]で
    「最近使ったファイルをクイックアクセスに表示する」をアンチェックします。
 ・デフォルト表示を「PC」にする
    WindowsExplorer-[表示]-[オプション]-[全般]タブの「エクスプローラーで開く」
    を「PC」にして適用ボタンを押下します。
    「最近使ったファイルをクイックアクセスに表示する」をアンチェックして適用
    ボタンを押下します。
    ※この対処の場合は「クイックアクセス」をクリックすると本事象は発生します。


対象製品 InterSafe IRM/FP
対象バージョン   対象ビルド  
一般情報
アンケートにご協力ください