アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
マスタ・スレーブ構成環境の設定を別サーバに復旧する時の注意点
No.5297  日付:2019-02-13 17:56:00

回答 検証環境構築などで、マスタ・スレーブ構成環境の設定を別サーバに復旧する際、
以下のような注意点があります。

例)
既存環境 : マスタA ー スレーブ①

既存環境の管理画面にて、[設定情報管理] → [保存/復旧/同期]にて保存した
設定ファイルを利用して、新規マスタに復旧処理を行うと、スレーブ情報を
保持したままの設定情報が復旧されます。
また、設定ファイルを配置してコンバートインストールする場合も同様です。

例)
新規環境 : マスタA' ー スレーブ①

このような環境で、かつ新規マスタと既存スレーブが疎通が取れる環境であると
スレーブ①はマスタA、マスタA'両方で実施される管理画面からの設定変更を
受け付けてしまい、設定内容の整合性が取れなくなります。

回避策としは、以下があります。

【回避策1】
 新規マスタと既存スレーブが疎通できないよう、異なるネットワークに新規
 マスタを構築します。新規マスタと既存スレーブが疎通できないことを確認した
 上で新規マスタの管理画面よりスレーブを削除してください。

【回避策2】
 既存マスタから設定ファイルをコピーし、スレーブ情報を削除した上でコンバート
 インストールを行ってください。
 スレーブ情報を手動で削除するには、FAQNo.5296を参照してください。
対象製品 InterSafe WebFilter
対象バージョン 8.0 , 8.5 , 9.0 対象ビルド  
添付URL マスタの設定ファイルからスレーブ情報を削除する手順
一般情報
アンケートにご協力ください