アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
  
タイトル
[IRM]暗号化対象となるプロセス/拡張子の登録手順
No.5020  日付:2017-03-22 15:03:00

回答
InterSafeIRMで暗号化されたファイルを、他社製品アプリケーションにて利用する場合
以下の設定により、ご利用いただけるようになります。

 1.InterSafe Managerの環境設定>ファイル暗号設定>対象アプリ
  拡張対応アプリケーション(Type-E)に、プロセス名/拡張子を登録する

  例)
   プロセス名:JSTPDF2DATAAssist3.exe
   拡張子:PDF

  ※上記以外にも必要なプロセス名と、拡張子を
   適宜追加ください。

 2.手順1で追加したプロセス名が反映されていることを確認し、
  「有効」にチェックを入れ、[適用]をクリックする

  ※プロセス登録時には「有効」にチェックがない状態で登録されます
  ※[適用]をクリックしなければ、設定は適用されません

 3.クライアント導入端末にて、アイコンを右クリックし
  [ポリシー情報の更新]した後、クライアント端末の再起動

  ※「環境情報」の設定内容は PC 再起動時に反映されるため
   必ずクライアントを再起動してください

  
※注意事項※
 ・上記手順にて追加するアプリケーションは、Type-E2(拡張対応アプリ2)となります。
  サポート範囲等につきましては、以下をご参照ください。

  
 ・お客様環境における全ての正常動作を保証するものではありません。

対象製品 InterSafe IRM
対象バージョン 4.X以降 対象ビルド  
一般情報
アンケートにご協力ください