アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
[ILPServer/SDServer] Tomcat Java Heapメモリについて
No.4535  日付:2014-07-18 13:15:00

回答 以下、InterSafe 情報漏洩対策シリーズではクライアントとの通信でTomcat Java Heap Memoryを利用します。

InterSafe DeviceControl
InterSafe WorkFlow
InterSafe SecureDevice Professional
InterSafe SecureDevice Ultimate
InterSafe IRM
InterSafe SecurePDF

これら製品は導入時の初期値が1024MB(v4.0まで)に設定されて
います。ユーザ数が3,000を超えるような場合や、InterSafe WorkFlow
で大量のファイルを申請/承認されるような場合は、下記サイト情報を
参考にチューニングをお願いします。
※32bitOSでは本チューニングを行うとサービスが起動しない場合があります。  
   大規模ユーザーでご利用になる場合が64bitOSで本チューニングを行ってください。


3-5. Tomcatのヒープサイズ設定方法について
http://www.alsi.co.jp/security/ilp/notice/notice_01.html#p3-5
対象製品 InterSafe DeviceControl, InterSafe IRM/FP, InterSafe SecureDevice
対象バージョン v3.0 , v4.0 対象ビルド  
一般情報
アンケートにご協力ください