アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
例外URLの一括登録方法
No.4162  日付:2014-02-21 10:00:00

回答 例外URLの一括登録は、例外URLの登録件数が多い場合や、
「InterSafe WebFilter Cloud Option(以下、Cloud Option)」で
出力したCSVファイルを取り込む場合に利用します。

一括登録の方法としては、
  「▼管理画面での一括登録」(Ver7.0以降の機能です)
  「▼コマンドでの一括登録
の2通りの方法があります。

<<登録前のCSVファイルの準備>>
例外URL情報を記載したCSVファイルを作成します。
CSVファイルのフォーマットについては、管理者マニュアル下記ページをご参照ください。
※バージョンによってフォーマットが異なりますので、ご注意ください。

 Ver7.0 管理者マニュアルP316~「例外URL情報ファイルのフォーマット」
 Ver8.0 管理者マニュアルP241~「例外URL情報ファイルのフォーマット」
 Ver8.5 管理者マニュアルP245~「例外URL情報ファイルのフォーマット」

 ※ 注意 ※
 ・例外URLにすでに登録してあるURLは、CSVファイルをインポートすることで上書きされます。
 ・すでに登録している例外URLがある場合には、下記手順のように予めインポートするCSVファイルに、
  現在登録してあるURLを記載
しておく必要があります。
 ・対象グループが第2階層以下の場合、グループ名は次のように指定します。
      例) 第3階層グループのTEST03というグループの場合

           "第1階層グループ名\第2階層グループ名\TEST03"
           ※グループ階層は\(円マーク)で区切ります。ルートグループは含まないでください。

------------------------------------------------------------
▼管理画面での一括登録手順
------------------------------------------------------------
管理画面での一括登録ではグループ毎に一括登録を行います。
※下記はVer8.xの登録方法となります。

1.InterSafe WebFilterの管理画面にログインします。
2.[個別アクセス管理] >[例外URL設定]へ進み、例外URLを登録するグループ名をクリックします。
3.所有ルール一覧から登録するルール名をクリックします。
4.[ルール詳細]画面にて[一括処理]タブへ進みます。
5.”例外URLをエクスポートする”を選択し、文字コードを指定して[実行]ボタンをクリックします。
 ”一括処理を行います。よろしいですか?”の確認メッセージが表示されますので
 [OK]をクリックして現在の設定をエクスポートします。
6.エクスポートしたCSVファイルと、追加登録するCSVファイルをまとめます。
7.”例外URLをインポートする”を選択し、CSVファイルをインポートします。
 ※5.で指定した文字コードと同じ文字コードを選択してください。
 ※Ver8.5では一括登録の際、登録方式を「置換」または「追加」を選択することが
  できます。Ver7.0および8.0では「置換」方式となります。
  ・登録方式について
   「置換」ではすでに登録されるURLの上書きを行います。CSVファイルに
   「すでに登録されているURL」+「新しく登録するURL」の情報が記載されて
   いることをご確認の上、作業を行ってください。
   「追加」ではすでに登録されているURLとCSVファイルのURLを比較し、登録
   されていないURLのみ処理を行います。

注意 ※
 ・Ver7.0以降のバージョンをご利用のお客様のみの機能です。
  Ver6.5以前をご利用の場合は、コマンドによる一括登録方法をご利用ください。

 ・システム全体(全グループ)に同じ例外URLを登録する場合、 
  ”ルートグループ”に例外URLを登録し、下位グループにも適用させる設定を有効にしてください。

   (Ver8.0の設定画面)
   [グループ/ユーザ管理]>[グループ管理]で”ルートグループ”を選択して[編集]ボタンをクリック。
     例外URL参照:このグループと同じ例外URLルールを下位グループに使用させる 
   を有効にしてください。

   (Ver7.0以前の設定画面)
   [フィルタリング設定]>[グループ設定]で”ルートグループ”を選択して”例外URL設定へ”をクリック。
     参照指定:下位グループに設定した例外URLを参照させる 
   を有効にしてください。

------------------------------------------------------------
▼コマンドでの一括登録手順
------------------------------------------------------------
1.InterSafe WebFilterのOSにログインします。
2.<導入ディレクトリ>/bin に移動し、amsurlコマンドにて現在の設定をエクスポートします。
  amsurl -export ファイル名.csv -all -encoding EUC|SJIS|UTF8 
  ※文字コードは、EUC|SJIS|UTF8 のいずれかを選択してください。
3.エクスポートしたCSVファイルと、追加登録するCSVファイルをまとめます。
4.<導入ディレクトリ>/bin に移動し、amsurlコマンドにて作成したCSVファイルをインポートします。
  amsurl -import ファイル名.csv -all -encoding EUC|SJIS|UTF8 
  ※2で選択した文字コードと同じ文字コードを選択してください。

------------------------------------------------------------
<<一括登録後の確認>>
管理画面にて正しく例外URL登録されていることをご確認ください。
また、登録したURLが正しくフィルタリングされてることをご確認ください。

 (Ver8.xでの管理画面)
  1.[個別アクセス管理]>[例外URL設定]>グループ名をクリックします。
  2.所有ルール一覧から登録したルール名をクリックします。
  3.[ルール詳細]>[例外URL設定]タブに登録されている例外URLが一覧表示されます。

 (Ver7.0での管理画面)
  1.[フィルタリング設定]>[グループ設定] をクリックします。
  2.グループ一覧からグループ名をクリックします。
  3.[■フィルタリング設定]>[例外URL設定へ] をクリックします。
    ■例外URL一覧に登録されている例外URLが一覧表示されます。


対象製品 InterSafe WebFilter
対象バージョン 6.0 , 6.5 , 7.0 , 8.0 , 8.5 対象ビルド  
一般情報
アンケートにご協力ください