アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
IPアドレス直打ちでアクセスする不法なサイトを規制したい
No.4087  日付:2017-03-01 16:00:00

回答

児童ポルノなど不法な内容を取り扱うサイトに対して、IPアドレスを直接入力して接続することで、
URLフィルタリングをすり抜ける事例が報告されています。
そのようなアクセスを規制するには以下の対策が有効です。

【対策】
   1.IPアドレス規制を有効にする。
   2.ローカルIPアドレスや、業務や授業で使用するグローバルIPアドレスを例外URLの許可カテゴリに登録する。
   これにより、業務や授業に必要なIPアドレスのみ直打ちでのアクセスが可能となり、
   不法なサイトへのアクセスを規制する事が可能となります。

【設定手順(Ver8.0以降)】
   1.[個別アクセス管理] - [規制オプション設定] - グループを選択 - ルールを選択します。
   2.[規制/一時解除設定]タブの[編集]ボタンを押します。
   3.「IPアドレスのリクエストを規制する」にチェックを入れ[保存]ボタンを押します。
   4.[個別アクセス管理] - [例外URL設定] - グループを選択 - ルールを選択します。
   5.[例外URLを追加]リンクをクリックします。
   6.業務で使用するIPアドレスを登録します。
     ・「カテゴリ」に「許可カテゴリ」を指定します。
     ・URLに許可するIPアドレスを入力します。
        ※IPアドレスをレンジで登録する事が可能です。
           登録形式で「IPアドレスレンジ指定URL」を選択してください。
   7.[保存]ボタンを押します。

【設定手順(Ver7.0まで)】
   1.[フィルタリング設定] - グループを選択 - [規制オプション設定]画面にて「IPアドレス規制」にチェックを入れます。
   2.「更新」ボタンを押します。
   3.「更新が完了しました。」と表示されます。
   4. [フィルタリング設定] - グループを選択 - [例外URL設定へ]画面に移動します。
   5.「例外URL登録へ」リンクをクリックします。
   6.業務で使用するIPアドレスを登録します。
     ・「カテゴリ」に「許可カテゴリ」を指定します。
     ・URLに許可するIPアドレスを入力します。
        ※Ver.7.0、7.0SP1 以降の場合、IPアドレスをレンジで登録する事が可能です。
           登録形式で「IPアドレスレンジ指定URL」を選択してください。
   7.「登録」ボタンを押します。

対象製品 InterSafe WebFilter
対象バージョン 6.0 , 6.5 , 7.0 , 8.0 , 8.5 対象ビルド  
一般情報
アンケートにご協力ください