アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
[InterSafeManager] WindowsServerOS上のIEからタブの切り替えや"ユーザの追加"等ができない
No.3871  日付:2011-09-21 20:03:00

回答
最終更新日2015-07-14

1.事象
WindowsServer2008やWindowsServer2012からInternetExplorerを経由して InterSafeManagerへログインしてもタブの切り替えや"ユーザの追加"等を行うことができません。 @@alt○○○@@

2.原因
既定で「Internet Explorerセキュリティ強化の構成」機能が有効となっていることが原因です。
この機能が有効の状態では、ActiveXコントロールやスクリプトなどが実行されない、ファイルのダウンロードなどが行えない等の制限が加わり、サーバーのセキュリティが強化されますが、一時的にInterSafeManagerの動作確認を行いたい場合などは、以下の手順で無効に設定してください。

3.回避策
【WindowsServer2003の場合】
 [コントロール パネル]-[プログラムの追加と削除]より、
 (左側にあるボタンから)[Windows コンポーネントの追加と削除]をクリック。
 [Windows コンポーネント ウィザード]より、[Internet Explorer セキュリティ強化の構成]のチェックを外し、[次へ]をクリック。

【WindowsServer2008(R2)の場合】
 [管理ツール]-[サーバー マネージャ]-[サーバの概要]-[セキュリティ情報]より、
 [IE ESCの構成]をクリック。
 管理者または、ユーザーに対し設定を[オン]から[オフ]に変更し、[OK]ボタンをクリック。
【WindowsServer2012(R2)の場合】
 [サーバー マネージャ]-[ローカルサーバー]-[プロパティ]
 -[Internet Explorer セキュリティ強化の構成]より管理者または、ユーザーに対し設定を 
 [オン]から[オフ]に変更し、[OK]ボタンをクリック。
 

対象製品 InterSafe DeviceControl, InterSafe SecureDevice, InterSafe IRM
対象バージョン   対象ビルド  
一般情報
アンケートにご協力ください