アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
[DS]Office ファイル検証機能 のアドイン (KB2501584) を適用後Excel2003でセキュリティ文書を開くと警告が表示される
No.3776  日付:2011-07-08 10:37:00

回答
最終更新日2011-07-08

1.概要
Microsoft Office File Validation Add-in (OFV: Office ファイル検証機能) が有効な Office 2003 環境で、DocumentSecurityで暗号化された XLS ファイルを開く時、以下の警告メッセージが表示されます。

2.詳細
Office ファイル検証機能は、2011年6月30日から Microsoft Updateで優先度の高い更新プログラムとして配信されているツールです。
Officeファイル検証機能は、ファイルを開く際に、正常なファイル構造の Office ファイルかどうかを検証する機能ですが、暗号化されたファイルでは検証に失敗することがあります。
弊社では現在、Excel2003を利用した場合.xls拡張子のセキュリティ文書を開くと100%検証に失敗することを確認しています。
Office2007,2010,及びWordやPowerPointではこの事象は発生しないことを確認しています。

3.回避策
方法1.該当のファイルを信頼できる場合は、そのまま"開く"をクリックして文書をご利用ください。

方法2.Office 2007 もしくは Office 2010 など他のバージョンの Excel を使用して .xls ファイルを開いてください。

方法3.セキュリティ文書を解除してご利用ください。

方法4.Office ファイル検証機能 のアドイン を無効化する レジストリを設定してください。
   手順は以下のリンク先にありますMicrosoftサポートオンラインの回避策項目をご参照ください。
   Office File Validation (OFV) アドインがインストールされた Excel 2003 でネットワーク上のファイル共有から XLS ファイルを開く時に時間がかかる  

対象製品 DocumentSecurity
対象バージョン   対象ビルド  
一般情報
アンケートにご協力ください