アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
[SDu]セキュアデバイスの作成に失敗しました
No.3639  日付:2016-09-21 16:00:00

回答

セキュアデバイス作成の際、「セキュアデバイスの作成に失敗しました」となる場合は
以下の様な点をご確認ください。

1. 「セキュアデバイスの作成に失敗しました(code=5)
    ウイルスバスターなどautorun.infを検知し削除するようなアンチウイルス
    が同居している環境では、セキュアデバイス作成と同時にautorun.infを
    削除してしまうため、エラーが発生します。
    この場合はInterSafe Manager画面より「テンプレート」タブ-テンプレートリスト
    [追加]より[拡張設定]タブ内にあるAutorun.infファイルの作成で「作成しない」
    チェックし、テンプレートを作成します。

    作成に失敗したセキュアデバイスを通常デバイスへのフォーマットにする際
    「通常デバイスへのフォーマットに失敗しました」のようなエラーになる場合
    は添付ツールISSDUFormat.exeによりフォーマットを試みてください

    フォーマット後、InterSafe Manager画面の「ポリシー」タブでセキュアデバイス
    を作成するユーザを選択し-ドロップダウンリストの[セキュアデバイス」を選択。
    「制限設定」タブ内の 利用可能テンプレートで作成したテンプレートを利用でき
    るようにし、当該ユーザのクライアントメニューから再度セキュアデバイスを
     作成してください

2. 「セキュアデバイスの作成に失敗しました
    登録情報の送信に失敗しました。
    セキュアデバイスの作成に失敗しました。
    STATUS_CODE=60706」

   上記のように表示され、セキュアデバイスの作成ができない場合は、
    InterSafe Managerから [ポリシー]タブ>プルダウンより[セキュアデバイス]を選択>
    対象ユーザを選択し、[制限設定]タブ>[管理グループ]より、管理グループが登録されているかを
    ご確認ください。

 

対象製品 InterSafe SecureDevice
対象バージョン   対象ビルド  
添付URL ISSDUFormat.zip
一般情報
アンケートにご協力ください