よくあるご質問

キーワードから探す

  • FAQ検索
  • ID検索

※スペースで区切って複数検索が可能です。

カテゴリで絞り込む

よく検索されるキーワード

カテゴリから探す

ID:3380
作成日: 2019/11/18
[ISSD]SD_Start.exeが起動しない、SecureDevice Drivesoftのインストールに失敗する

「SD_Start.exe」実行時に「セキュアデバイスの起動に失敗しました」のメッセージが出力または、
既に導入されているSecureDevice Drivesoftにより以下のような事象が発生することがあります。

・SD_Start.exe を実行してもパスワード入力画面が表示されない
 

・OSの制限ユーザで利用する際に予めインストールするSDDriverSoftの導入ができない
 

この場合は、以下に該当する対応をお試しください。

1.Windows7環境の場合
「KB3033929」適用後に事象が改善するかご確認ください。
 https://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=46078 ←32bit用
 https://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=46148 ←64bit用

2.ユーザ権限で実行している場合
管理者権限で「SDDriverSoft」をインストール後に事象が改善するかご確認ください。
 ■インストールマニュアル
  6-1.SDDriverSoftのインストール

3.SecureDevice Drivesoftを導入している/導入したことがある場合
以下の手順でドライバー再インストール後に事象が改善するかご確認ください。
過去に導入し、アンインストールを行っている場合は、「3-2」から手順を実施ください。

 3-1.[コントロールパネル]の[プログラムと機能]よりインストールされて
      いるSecureDevice Drivesoftをアンインストールします。

 3-2.コマンドプロンプトを[管理者として実行]より起動し以下のコマンドを実行します。
     >  sc delete SDMainService

 3-3.以下のレジストリを削除します。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\SDVOLDRV
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\SdFsfdrv 

 3-4.PCを再起動します。
 3-5.「SecureDevice Drivesoft」をインストールします。

4.ウイルスバスターと同居環境の場合
ウイルスバスター側でIntersafeの以下プロセス/フォルダパスを、
信頼済プロセス、検索除外設定として登録することで、事象が改善するかご確認ください。

  ■対象プロセス名
  E:\USB_System\Eject.exe
  E:\USB_System\NotifyMsg.exe
  E:\USB_System\SDHookCtrl.exe
  E:\USB_System\SDMainSvc.exe
  E:\USB_System\x64\SDLauncherA.exe
  E:\USB_System\x64\SDHookCtrl64.exe
  E:\USB_System\x64\NotifyMsg.exe
  E:\USB_System\x64\sdFsfdrv.sys
  E:\USB_System\x64\sdvoldrv.sys

  ■対象フォルダ
  C:\Program Files\ALSI\InterSafe Client\
  C:\ProgramData\ALSI
  E:\USB_System
  E:\SDDriverSoft
 
  ※上記プロセス/フォルダのドライブ(E:、C:と記載の箇所)は環境によって異なります。
   お手数ですが環境を確認し、適宜変更いただいたうえでご登録をお願いいたします。

5.「1.~4.」の対応で事象が改善しない場合
Secure Deviceをアップデート後に事象が改善するかご確認ください。
※バージョンが変わらなくても、プログラム領域をリフレッシュするため、
 プログラム領域のファイルが破損している場合などに有効です。

  ■SecureDevice Ultimate の場合
 端末にセキュアデバイスを挿入した状態で、InterSafe Clientのアイコンを右クリックし、
 「セキュアデバイス管理」-「プログラムアップデート」を実行します。

 ■SecureDevice Standerd/Professional の場合
 端末にセキュアデバイスを挿入した状態で、管理コンソールを開き、
 「管理ツール」タブ内の「プログラムアップデート」を実行します。

対象バージョン
 
対象ビルド
 
一般情報
この内容は参考になりましたか?
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。
Powered by i-ask
Page Top