アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
(SD)セキュアデバイスの作成からホストPC登録までの流れ
No.3081  日付:2009-08-14 19:49:50
質問 セキュアデバイスの作成からホストPCの登録までの流れを教えて下さい。

回答
◆セキュアデバイスの作成(管理者の作業の流れ)
 1.管理者PCで管理コンソールを起動します。
  2.USBメモリを管理PCに接続します。
  3.デバイスの登録処理(セキュアデバイスの作成)を行います。
  4.管理社PCからUSBメモリ(セキュアデバイス)を取り外します。
  5. 利用者にUSBメモリ(セキュアデバイス)を利用者配布します。

◆ホストPCの登録
  1.利用者は、ホストPCとするPCにセキュアデバイスを接続します。
  2.セキュアデバイスの起動プログラムが実行され、
    「このPCをホストPCとして登録しますか?」というダイアログが
     表示されますので、「はい」を選択するとホストPC登録処理が行われ、
     PCの情報がセキュアデバイスに登録されます。
  3.以降は、登録を実施したPCでは、「ホストPC」として認識され、
    ホストPC以外のPCでは、「ゲストPC」として認識されます。 
    ゲストでは、セキュアデバイスに設定されたポリシーに従って動作します。
対象製品 InterSafe SecureDevice
対象バージョン 1.0 , 1.1 対象ビルド  
一般情報
アンケートにご協力ください