アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
例外URLとフィルタリング無効URLの違い
No.3045  日付:2015-04-05 16:00:00
質問 例外URL機能とフィルタリング無効URL機能の違いはなんですか?
例外URLでもフィルタリングを無効にできないのですか?

回答 両機能の違いは以下になります。

<例外URL>
ホワイトリスト(許可リスト)としての利用に加えて、
ブラックリスト(禁止リスト)としての利用が可能です。
許可/禁止の場合もデータベースへの問い合わせ(Lookup)を
行い、レポートの結果に集計されます。グループごとに500件、
全体を対象に500件の登録が可能です。

<フィルタリング無効URL>
データベースへの問い合わせ自体を行わないURLを登録します。
その分のオーバーヘッドが軽減できるため、主に表示に時間がかか
るようなサイト、アプリケーションの対策に用います。
なお、登録したURLへのアクセスはレポート結果に集計しません。
全体を対象に500件の登録が可能です。

また、プライベートIPアドレスのリクエストに対しても同様に
データベースへの問い合わせ時自体を行わない設定ができます。
(Ver4.3以降のクライアントから実装された機能です。)

プライベートIPの範囲は以下となります。

IPv4
クラスA (10.0.0.0~10.255.255.255 (10.0.0.0/8))
クラスB (172.16.0.0~172.31.255.255 (172.16.0.0/12))
クラスC (192.168.0.0~192.168.255.255 (192.168.0.0/16))
※ホスト名でリクエストした場合はフィルタリング対象となります。


なお、例外URL/無効URLの共通ルールとして、以下があります。

・URLのドメイン判定は後方一致。
・ポート番号を標準(80,443)以外で指定するサイトはポート番号付で登録。
・HTTPSサイトはHTTPSフィルタリングが有効の場合に機能する。(HTTPS復号化処理が行われる。)

対象製品 InterSafe CATS
対象バージョン All 対象ビルド  
一般情報
アンケートにご協力ください