アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
ログの出力先変更方法について
No.2954  日付:2015-06-23 15:45:00
質問 ログの出力先を変更したいのですが設定方法を教えてください。

回答 管理画面にログインし、以下の画面に進んでください。
 Ver8.0以降 → [ログ管理] - [ログ設定]
 Ver7.0 → [システム管理] - [ログ設定]

■共通設定
ファイル名:InterSafe.log ←保存先をフルパスで指定します。

例1)/var/logs/InterSafe.log
例2)D:\Logs\InterSafe.log

■注意事項
1.ネットワークパスは使用できません。指定しても無効となり、
   デフォルトの場所に出力されます。

2.初期値のファイル名のみの場合にはログは/<インストールディレクトリ>/logs
  
配下に保存されています。

3.
Linux、Solarisの場合、変更先のディレクトリの所有者が
  InterSafe WebFilterで設定されている所有者になっているかどうかご確認ください。
  ※所有者が「root」など、設定と異なる場合、一部のログが出力されません。

  InterSafe WebFilterの起動ユーザ/グループは、
   /<導入ディレクトリ>/conf/proxy.inf
   [SYSTEM_GLOBAL]
   EFFECTIVE_USER=
   EFFECTIVE_GROUP=
   にて現在の設定が確認できます。

4.変更後は、InterSafe WebFilterの3つのサービスすべての再起動が必要です。
   再起動方法は参考URLをご覧下さい。

Ver8.5 SP1より前のバージョンでは上記設定でcache.logは変更されません
対象製品 InterSafe WebFilter
対象バージョン 7.0 , 8.0 , 8.5 , 9.0 対象ビルド  
添付URL InterSafe WebFilter設定変更後にサービスを再起動するには
一般情報
アンケートにご協力ください