アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
バージョンアップについて
No.2871  日付:2015-04-02 17:00:00
質問 InterSafe CATSのバージョンアップ方法と注意点を教えてください。

回答

■Windowsの場合

InterSafe CATSのクライアントモジュール(Windows端末)のバージョンアップは、
管理サーバ上に用意しているインストーラを利用し上書きインストールすることで
実施可能です。
Windows端末のインストール作業自体は新規インストールと同様の方法になります。
バージョンアップインストール(上書きインストール)の手順は3通りの方法があります。

【A.インストールプログラムを直接実行する方法】
 ① 管理画面に接続しログインします。
 ② メインメニューより[インストール]-[インストーラ]を選択します。
 ③ バージョンアップ対象のアカウント(PC)が所属しているグループを
   選択しインストーラをダウンロードします。
 ④ ダウンロード後、ユーザに配布(共有ファイルサーバ等での実行も可能です)
 ⑤ 圧縮されたinstall.zipを解凍し、setup.exeを実行します。
 ⑥ ウィザードに従いインストールを進めます。
 ⑦ インストール後、OSを再起動します。

【B. ActiveXを利用したオンラインインストール】
 ① 管理画面に接続しログインします。
 ② メインメニューより[インストール]-[インストーラ]を選択します。
 ③ バージョンアップ対象のアカウント(PC)が所属しているグループを
   選択しインストーラをダウンロードします。
 ④ ユーザにURLを連絡します。
 ⑤ユーザがブラウザにてURLにアクセスします。
 ⑥ 説明に従いインストールを実行します。
 ⑦ インストール後、OSを再起動します。

【C. 自動アップデート】
 ① 管理画面に接続しログインします。
 ② メインメニューより[インストール]-[自動アップデート]を選択します。
 ③ 自動アップデートを有効にします。
 ④ 対象グループやバージョンを選択します。
 ⑤ 「更新」をクリックします。
 ⑥ 設定後は端末側でルール更新後にアップデートが行われます。

※自動アップデートはVer4.5のモジュール(Build0500)以降が対象となります。
 Ver4.4以下のモジュールは自動アップデートされません。


完了後は管理画面にてモジュールバージョンが更新されていることをご確認ください。
(OS再起動後、初めて管理サーバと通信をおこなった後に更新されます)


※注意点※
・インストール時はインターネット接続環境が必要です。
・認証を必要とする上位プロキシが存在する環境では、
 インストールすることができません。上位プロキシを経由せずに
 インストールいただくか、上位プロキシの認証をオフにして、
 インストールしてください。
・ActiveXによるインストールはInternetExplorerのみ可能です。
・インストール後は、必ずOSの再起動を行ってください。


■Safeブラウザの場合

Android、iOSについては端末のアップデート設定にてアップデートされます。
Android、iOSのアップデート時には初回インストール時の設定が引き継がれますので
再度設定を行う必要はありません。

対象製品 InterSafe CATS
対象バージョン All 対象ビルド  
一般情報
アンケートにご協力ください