アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
規制として登録されているURLを一時解除(オーバーライド)できるようにしたい
No.2127  日付:2016-04-22 14:00:00
質問 特定のカテゴリ(例:ビジネス・経済-転職・就職)は規制に設定しています。
その中で特定のサイトだけは一時解除(オーバーライド)するように下記の設定を行いましたが、
一時解除(オーバーライド)ボタンを押した後にまた規制されてしまいます。
原因と対処方法を教えて下さい。

1.カテゴリ設定にて、特定サイトが登録されているカテゴリを規制に設定
2.一時解除(オーバーライド)したい特定サイトを例外URLとしてユーザ設定
 カテゴリに登録し、一時解除(オーバーライド)に設定

回答 ※バージョンごとに用語が異なりますのでご注意ください。
 Ver7.0:オーバーライド、オーバーライドタイマ
 Ver8.0以降:一時解除、一時解除時間


カテゴリ設定で規制に設定したカテゴリに登録されているURLを、
例外URLとして、一時解除に設定したユーザ設定カテゴリに登録しても、
一時解除は適用できません。
(実際に登録されているカテゴリの設定が優先されます。)  

Ver7.0ではデータベース側で規制として登録されているURLでも、
例外URLとして一時解除できるよう機能が追加されています。
設定ファイル(proxy.inf)に次のキーを追記してください。
 
[BLOCK_CFG]セクション
FORCED_OVERRIDE=TRUE
(キーの記述が無い場合は、従来と同じ動作 FALSE となります。)

キー追加後にフィルタリングサービスを再起動してください。

※Ver7.0で、上記設定と、グループの規制オプション「書き込み規制」を
 組み合わせて利用した場合、一時解除後も書き込みは規制の対象と
 なりますのでご注意ください。

Ver8.0以降では、仕様変更により、規制オプション「書き込み規制」を
組み合わせて利用しても、一時解除後の書き込みは規制されません。

その他、「マルチパートリクエスト規制」、「書き込みキーワード規制」の
規制オプションについては、バージョンに関わらず、一時解除時間中は
規制の対象にはなりません。
対象製品 InterSafe WebFilter
対象バージョン All 対象ビルド  
一般情報
アンケートにご協力ください