アルプスシステムインテグレーション株式会社[ALSI(アルシー)]
キーワード検索
キーワード
製品名
カテゴリ
含まないキーワード
カテゴリ検索
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
よく検索されるキーワード
FAQ
タイトル
タイムアウトエラーや、Webアクセスの遅延が頻繁に発生する。
No.1591  日付:2015-05-14 10:00:00
質問 タイムアウトエラーや、Webアクセスの遅延が頻繁に発生します。
InterSafe_sys.logを調査したところ「Currently there is no available thread...」
というメッセージが頻繁に出力されていました。

回答 Ver8.0以降のInterSafe_proxy.log(Ver7.0以前ではInterSafe_sys.log)に出力される
メッセージ「Currently there is no available thread...」もしくは、
「available thread not found」は、InterSafe WebFilter(以下ISWF)のフィルタリング
サービスのプロセスが不足した場合に出力されるメッセージです。

プロセス不足が継続的に発生すると、プロセスが解放されるまでリクエスト処理待ちが
発生するため、Webアクセスの遅延やタイムアウトが発生する場合がございます。

以下のような方法でチューニングを行うことでプロセス不足の緩和が期待できますので
ご検討ください。

■プロセス数のチューニング
ブラウザのプロキシ設定でHTTP、HTTPS、FTPのすべてを8080ポートに統一して運用
されている場合、フィルタリングサービスの待ち受けポートを8080に統一し、待ち受け
プロセス数を増加することで、プロセス不足の緩和が期待できます。

※Ver8.5 SP1以降ではポートを統一した場合、HTTP、HTTPS、FTPすべてのプロセス数
   の合算分を起動します。
※Ver8.5 Build0860まではポートを統一した場合、プロセスはHTTPに設定された数のみ
   起動します。
※下記はプロセス数を1000まで増加する例になります。

Ver8.0以降の場合:管理画面[サーバ管理]-[サーバ設定]にて行います。
Ver5.0~7.0以降の場合:管理画面[システム管理]-[サーバ設定]にて行います。

□Ver8.5 SP1以降の場合                                                                                                


□Ver8.5までの場合                                                                                                  


ブラウザのプロキシ設定で、プロトコルごとにポートを分けて運用されている場合は、
プロセス不足の発生状況を見ながら、各プロトコル(主にHTTP、HTTPS)のプロセスを
 +50、+100のように徐々に増加してください。設定変更後は右上の[保存]ボタンを
クリックします。

ポート変更後は、管理サービスの再起動を実施してください。
プロセスチューニング後は、フィルタリングサービスの再起動を実施してください。

※注意事項
・32bitOSでVer8.0を使用している場合、プログラムの制限で起動できるプロセス数は
   1000が上限となります。詳しくは添付URL「Ver8.0を32bitOSで利用する際の
   制限について」をご参照ください。

・Linux、Solaris版では、プロセス数の増加により、ファイルディスクリプタが不足する
 場合がございます。対策を添付URL「ファイルディスクリプタが不足し...
」にて
 ご案内しておりますのでご参照ください。
・プロセスを極端(9999など)に増加すると、フィルタリングサービスが正常に動作しな
   くなる
場合がございますのでご注意ください。

プロセス数をチューニングされる場合は、以下のチューニングも併せてご検討ください。 

■BACKLOGのチューニング
BACKLOGとは受信ポートの受信待ち行列最大数です。
プロセス数を増やした場合、BACKLOGの値も比例して増やしていただくことで
パフォーマンスが上がることが確認されております。

BACKLOGの設定値変更は、設定ファイルを直接編集します。

<ISWF導入ディレクトリ>/conf/proxy.inf
[CONNECTION_CFG]
BACKLOG=75  <--この値を変更

フィルタリングサービスの待ち受けポートを統一された場合の目安はHTTPのプロセスの
半数ほどです。例えばプロセス数を 300 に変更した場合、BACKLOGの値を 150 に
増やして下さい。

フィルタリングサービスの待ち受けポートをプロトコルごとに分けている場合は、
一番多く割り当てているプロセス数の半分を目安にしてください。

BACKLOGのチューニング後は、フィルタリングサービスの再起動を実施してください。

※注意事項
BACKLOGは、300以上の値を設定しても、パフォーマンス向上が
得られないことがわかっております。300を上限としてチューニングを行ってください。

■ヒープサイズのチューニング
プロセス数を増加した場合、併せてヒープサイズの増加が必要な場合があります。

Ver8.0以降では、ヒープサイズ 256MB の指定の場合、プロセス数は1000までを
目安としております。プロセス数を1000以上増加する場合は、ヒープサイズの
増加を行ってください。


Ver7.0以前では、ヒープサイズ 1024MBまでを目安に増加してください。
それでもヒープサイズが不足する場合は、+ 50 +100のように徐々に増加してください。

設定変更後は右上の[保存]ボタンをクリックします。
ヒープサイズ変更後は、フィルタリングサービスの再起動を実施してください。

■amstuneによるOSのチューニング(Ver8.0以降)
WebFilterのコマンド「amstune」にてOSのチューニングを行うことができます。
OSのチューニングによりパフォーマンスの向上が期待できますので、実施をご検討ください。
詳細は、添付URL「amstuneについて」をご参照ください。
対象製品 InterSafe WebFilter
対象バージョン 5.0 , 6.0 , 6.5 , 7.0 , 8.0 , 8.5 対象ビルド  
添付URL ファイルディスクリプタが不足し、Webアクセス不能となってしまう。
Ver8.0を32bitOSで利用する際の制限について
amstuneについて
InterSafe設定変更後にサービスを再起動するには
ヒープサイズの確認/変更方法を教えて下さい。
一般情報
アンケートにご協力ください